転職

転職相談は無料でできる!おすすめの無料転職相談サービスを7つ紹介。

更新日:

初めての転職活動の方は特に、「転職相談をプロにするには無料でできるのかな、、?」と不安な想いを抱えている方が多いのではないでしょうか。

この記事では、無料での転職相談サービスの種類と、それぞれの特徴を紹介します。

また、最もメジャーな無料転職サービスである転職エージェントについて、おすすめのエージェントを紹介します。

無料で相談できる転職サービスの中で自分に合ったものを選び、より良い転職が実現できるように進めていきましょう。

無料転職相談

転職相談は無料でできる

転職の相談は、転職のプロにしたとしても無料でできるのが基本です。

プロに相談するんだから料金がかかると思い込んでいる方が多いですが、一部の有料転職支援サービスを除いて無料でいくらでも転職相談は可能です。

有料のサービスが気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

参考:有料の転職エージェントは存在する?転職支援サービスは有料と無料どちらにすべきか解説!

オススメの無料転職相談の方法

ここからは、無料の転職相談の方法を見ていきましょう。

無料の転職相談をするには?

無料で転職相談をするためのサービスは、大きく4つあります。

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • おしごとアドバイザー
  • 転職フェア

以上の4種類について、詳細を解説します。

転職エージェント

転職エージェントは、代表的な無料転職相談サービスで、専属のキャリアとバイザーとの面談(電話相談も可)を通して、適切な求人を紹介してくれます。

転職するかどうかも悩んでいても利用可能で、そもそも自分は転職するべきなのか、転職できるのか等も相談できます。

転職エージェントは他の無料相談手法に比べて圧倒的な情報量を有しており、最新の転職市場の動向や企業情報、職務経歴書の書き方、面接のポイントまで、採用過程において重要なことを詳しく教えてくれます。

さらに、転職エージェントのみが所有している非公開求人も存在するため、思わぬ可能性を発見することもあります。

参考記事:転職エージェントとは。転職初心者にもわかるレベルで徹底解説。面談の費用は?

ハローワーク

ハローワークは、公共職業安定所と呼ばれ、国が運営する転職エージェントのようなものです。

ただし、転職エージェントは採用が決定した際に企業から紹介料をもらっているのに対して、ハローワークは紹介料をもらわないという特徴があります。

キャリアアップをしたいという人よりは、就職困難者を救うためのセーフティーネットとしての役割があり、とにかく求人の数が豊富です。

地元の求人に対しては、特に情報量が豊富です。

転職エージェントと違い、ビジネスではなくお客様として扱うという認識が強くないため、対応にムラがあることがあります。

ハローワークは、雇用保険制度の窓口としての役割も有しており、失業等給付の受給手続きや各種助成金の手続きも行っているので、必要であれば相談してみましょう。

おしごとアドバイザー

おしごとアドバイザーは、正社員の転職に関する相談を電話でできるサービスです。

平日の夜や土日祝日も運営しているため、働きながら気軽に相談したい方におすすめのサービスです。

電話だと恥ずかしいというような方は、メールでも相談ができますので、安心してご利用いただけます。

ただし、特定の企業への紹介をしてくれるわけではないので、転職活動に悩んだ時や、そもそも転職するべきなのか悩んだ時の相談に利用することをおすすめします。

おしごとアドバイザー

転職フェア

転職フェアは、中途採用をしている企業が集まって、採用説明会や面接をする転職イベントで、人材会社が企画・運営をしています。

会場には、転職市場や各業界に精通したキャリアアドバイザーがいますので、無料で転職相談が可能です。

転職フェアでは、転職相談がメインではなく、企業の説明会を聞いたり面接を受けたりすることがメインであるため、あらかじめどんな企業が出展するのか確認しておきましょう。

おすすめの転職エージェント

今までのキャリアの整理や今後のキャリアプランの設定の仕方、具体的な転職先まで提案してくれる転職エージェントは、最もおすすめな無料転職相談サービスです。

ここでは、具体的なおすすめの転職エージェントをご紹介します。

業界No1のリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数及び決定実績で業界No1の転職エージェントです。人材業界を牽引するリクルート社が運営しており、名実ともに信頼できるサービスです。他のエージェントとも併用している方が多く、「まず登録」されている方が多いです。

あらゆる業界、職種の求人を幅広く有しており、今後のキャリアイメージが定まっていない方でも安心して利用していただけます。業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、転職者の経験に応じて担当のキャリアアドバイザーが決まります。
全国に拠点をもっているので、お住まいの地域に応じて転職相談ができます。電話での転職相談も可能なので、直接面談に行く必要がないので心配はいりません。

業界No2のdoda

リクルートエージェントに次ぐ業界No2の実績を誇るdodaは、パーソルキャリア社が運営する転職支援サービスです。
dodaは、リクルートエージェントと同様に、専門領域はもたず、幅広い業界・業種での転職相談が可能です。

リクルートエージェントになくてdodaにある求人やその逆の場合があるため、リクルートエージェントと併用する方が多くいます。
キャリアアドバイザーの対応がよく、良い口コミが多いのが特徴で、電通バズリサーチの調べでは、求職者満足度No1とされています。

ハイクラス求人が豊富なJACリクルートメント

JACリクルートメントは、年収500万円以上を中心に、管理職や専門職等のハイキャリア求人が強みのエージェントです。
外資系案件にも強みをもっていて、語学が強みな方は登録してみることをおすすめします。また、マネジメント経験があったり、早慶上智や旧帝大レベルの高学歴層には嬉しい求人が豊富にあるため、転職相談をしてみると良いでしょう。

JACリクルートメントの1番の特徴は、他の大手エージェントと異なり、面談をするキャリアアドバイザーと求人をだしている企業を担当する法人営業担当を1人で行っていることです。1人で求職者と法人の両面を担当するので、情報量が豊富でより正確なマッチングに繋がっています。

女性におすすめのtype女性の転職エージェント

女性の転職相談に特化しているのが、type女性の転職エージェントです。女性に特有な、出産・結婚に関連する長く働くための悩みに対応できるエージェントです。
ワークライフバランスを重視した求人や、女性が働きやすい環境である求人の実績が豊富で、18年間運営していることもあり、女性が安心して相談できるサービスです。

ただし、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県のみに対応しているため、その他の地域にお住まいの方は、リクルートエージェントやdodaを利用することをおすすめします。

IT・ゲーム業界に強いワークポート

IT・ゲーム業界に強みをもっているエージェントが、ワークポートです。
特化ではないものの、IT業界やゲーム業界の求人が豊富で、業界に詳しいキャリアアドバイザーから的確なアドバイスをもらえます。

また、まずは応募しましょうというスタンスでサービスを展開しているため、どんどんチャレンジして見たい方には使いやすいサービスです。

エンジニアにおすすめのレバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニアを中心に、IT業界の求人量が豊富な転職エージェントです。
キャリアアドバイザーは、エンジニアの職種に詳しい専門家が多く在籍し、適切なアドバイスをしてくれます。また、面談時に、求職者の強みを引き出すためのノウハウが豊富で、「思ってもみなかった強み」を引き出すことに定評があります。

転職時に非常に重要な職務経歴書の記載方法についてのアドバイスにもこだわっており、書類選考合格率を高める取り組みも行っています。

第2新卒・20代におすすめの20代の転職相談所

20代の転職相談所は、ブラッシュアップ・ジャパン株式会社が運営する第2新卒・20代に特化したサービスです。
「寄り添った転職アドバイスをしてほしい」「やりがいを求めるという20代の特徴をわかってほしい」「上司との関係性が良くない」など、第2新卒や20代に多い悩みに寄り添ったアドバイスをしてくれます。求人を出している企業は、若手の力を求めている企業ばかりなので、ミスマッチが少なくなりやすいです。

口コミをみていると、20代の転職相談所は、経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており、転職をするべきか悩んでいる状態でも親身になって相談にのってくれると評判です。

転職エージェントへの相談の流れ

転職エージェントを選んだら、以下の流れで転職活動を進めます。

  1. 無料会員登録
  2. 面談の日程調整
  3. 電話or対面で面談
  4. 求人を紹介してもらう
  5. 応募企業を決めて、企業に申し込んでもらう
  6. 書類選考をしてもらう
  7. 面接の日程調整をしてもらい、面接を受ける
  8. 内定から入社までの手続きをしてもらう

転職エージェントは、企業との諸々の連絡をすべて請け負ってくれるため、求職者は職務経歴書の作成や面接などの選考以外は、特に気をつかわなくても構いません。
一度キャリアアドバイザーと面談をしてしまえば、その後の転職活動の流れについてや、改めての転職相談等はメールのやり取りで終えることも可能です。転職エージェントは、面接等の選考に集中できる環境をつくってくれるため、非常に便利です。

相談の前に考えた方がベターなことは?

転職をしようと思ったら、すぐに無料で相談できる転職エージェントなどを利用するのも構いませんが、一旦冷静に考えておいたほうが無難なことをご紹介します。無料転職相談サービスを最大限活用するためにも、きちんと考えておきましょう。

現職で業績をあげられているか

転職活動では、面接時に必ず現職での実績を聞かれます。
仕事で高い成果を出せる人なのか、転職先でも通用するようなスキルを持っているのか、企業は当然気にします。現職できちんとやりきった経験を持っていれば良いですが、もう少しやれると感じる方は、自信を持って語れる実績を作るまで現職で頑張るのも1つの手です。

何かしらの成果や課題解決の経験を持たないまま安易に転職してしまうことは、今後の自身の市場価値にとってリスクになりえますので、注意しましょう。

キャリアの棚卸し

今まで自分がどんな仕事をしてきたのか、どんな職務遂行成のスキルを持っているのか、言語化しておくことによって、エージェントとの面談や企業との面接において非常に役立ちます。
思考の整理をして言語化できる状態にしておくことによって、エージェントや企業が受ける印象がよくなり、転職活動が非常にスムーズに進むようになります。今までの仕事を振り返って、どんな課題を設定してどんな方法使ってその課題を乗り越えてきたのか言語化できるようにしておきましょう。

今後のキャリアビジョン

今後自分がどんなキャリアを歩んでいきたいのか、どんなスキルをつけたいのか、どんなビジネスパーソンになりたいのか、将来のことを出来る限り言語化しておくことをお勧めします。

転職エージェントなどの転職相談サービスでは、キャリアビジョンを一緒に考えではくれますが、あらかじめ自身で整理しておくことによって話がスムーズに進みます。
また、キャリアビジョンを考えることは、自分と真剣に向き合う時間となり、過去の自分も含めた自己分析を猛烈にすることとなります。よって、思考の根拠が整理され、面接においても非常に役立ちます。

転職は無料の相談サービスを有効活用しましょう

この記事では、無料の転職相談サービスについて詳細を見てきました。転職エージェント、ハローワーク、おしごとアドバイザー、転職フェアそれぞれの特徴を理解し、自分にあったサービスを利用して転職活動を進めていきましょう。基本的には、転職市場を熟知し適切な企業を紹介してくれる転職エージェントの有効活用をおすすめします。ただし、転職エージェントに丸投げするのではなく、「自分の人生を自分で本気で考える覚悟」が重要です。何となく転職するのではなく、本当に転職すべきなのか、自分のなりたい姿はどんな姿なのか、本気で自己分析を進めていく必要があります。無料の転職サービスを1つの手段として、より良い転職活動にしていきましょう。

-転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.