転職

転職に年齢の限界はない!転職限界説と各年代の考え方について徹底解説!

投稿日:

「転職を考えているけど、年齢の限界があるのか不安」

このような不安をおもちの方に、転職と年齢の関係、各年代での転職に重要なポイントまで詳しく解説します。

転職にはどうしても年齢はつきもので、気になっている方が多いでしょう。

とはいえ、年齢は自分で変えられるものではないので、今の自分にできることに集中することが重要です。

正しい知識を身につけて、適切な転職ができるように準備していきましょう。

転職年齢限界

転職に年齢の限界はない

「転職をするのには、◯歳まででないと厳しい」という情報をよく聞くことかと思います。

しかしながら、実際には転職に年齢の限界や上限はないと考えましょう。

自分のできることを明確にでき、適切な求人を選べば、極論としては転職に年齢は関係ないといえます。

とはいえ、年齢が上がれば上がるほど、求められるスキルレベルは高まります。

きちんとキャリアを積み上げて、「できること」が多ければ転職はいくつになっても可能です。

一方で、スキルを積み上げることなく年齢を重ねてしまっていては、転職は厳しくなります。

至ってシンプルな理屈です。

転職と年齢に関するデータ

ここでは、転職と年齢の関係について、dodaのデータを用いてみていきましょう。

転職した人の平均年齢

まず、転職した人の年齢の平均についてです。

dodaの調査によると、2019年上半期の6カ月間に転職した人たちの平均年齢は31.7歳となっています。

男女別で見ると、男性の平均年齢は32.6歳で、女性は29.8歳と男性の方が高いことがわかっています。

男女ともに2007年以降上昇を続け、2016年を頂点に現在は高止まりの状況です。

転職成功者の年齢分布

続いて、転職に成功した人たちの年齢分布です。

年齢の内訳を見ると、「25~29歳」が39.6%と最も多く、次いで「30~34歳」が23.1%となっています。

つまり、25歳〜34歳で6割以上を占めていることになり、最も転職が多い世代であることがわかります。

とはいえ、「35~39歳」が12.8%、「40歳以上」が14.4%となっており、年齢が上がっても転職は十分可能であることも明らかです。

職種別の転職成功者の年齢分布

最後に、職種別の転職成功者の年齢分布です。

最も年齢が高いのが「企画・管理系」で35.0歳となりました。

続いて、「専門職系」(34.4歳)や「技術系(建築/土木)」(33.4歳)が高くなっています。

一方で、「営業職」や「販売・サービス系」の職種に関しては、20代の転職が圧倒的に多いという結果が出ています。

「未経験転職」の年齢の壁

転職には、年齢の壁がよく語られます。

転職は35歳以上は厳しいなどと言われますが、条件付きでは確かにそうでしょう。

転職と年齢の関係は、『未経験転職において』という条件下で考える必要があります。

未経験転職では、基本的には20台中盤〜20台後半が限度と考えた方が良いでしょう。

よほど頑張っても、最大35歳までと考えるのが常識です。

転職と年齢は関係ないと解説したものの、未経験分野に転職したいと思えば、早い方が良いと考えてください。

20代の転職と年齢の関係

それでは、年齢別に転職と年齢の関係をみていくと、どのようなことが言えるでしょうか。

まず、20代の転職と年齢の関係について解説します。

転職で年齢的に有利なのは20代

大前提として、転職で最も自由度があるのが20代です。

現実的に、中途採用では若ければ若いほど「ポテンシャル採用」として採用してもらえます。

つまり、現状のスキルは未熟でも、別業界や別職種での経験等のポテンシャルを加味して、将来性に期待してくれる採用です。

このような判断をしてもらいやすいのが20代で、業界や職種チェンジがしやすいことが20代の特徴です。

20代で転職成功をするために求められるスキル

20代で転職成功をするために求められるスキルは、大きく以下のとおりです。

  • 現職でのなんらかの成功体験と工夫
  • 逃げないやりきる力
  • 素直さ
  • 主体的な取り組みで成果を出した経験

このように、社会人としての基礎的な内容が重要です。

異業界や異業種に転職する場合は、当然その領域での経験はありませんので、いかに「汎用性がある経験・スキルをもっていること」を認めてもらうかが重要です。

20代の転職相談でおすすめの転職エージェント

20代の転職では、以下のエージェントを中心に転職活動を進めると、より良いキャリアアドバイザーに出会える可能性が高いです。

  • リクルートエージェント
  • リクルートエージェント
    業界や業種、年齢を問わず、幅広い対応が強みで、各業界や業種の転職のプロフェッショナルが在籍しているエージェント。20代はまず登録しておくと便利。

    無料でリクルートエージェントに転職相談

  • マイナビジョブ20's
  • マイナビジョブ20’s
    20代に特化していて、20代ならではのキャリアの悩みに寄り添った丁寧なサービスを展開。未経験歓迎の求人が豊富。

    無料でマイナビジョブ20’sに転職相談

  • doda
  • doda

    リクルートエージェントに続いて業界第2位の転職エージェント。リクルートエージェントと同様に、若手を中心に幅広い年代・業界・業種に対応していると同時に、リクルートエージェントにはない非公開求人を多数保有。リクルートエージェントと併用する人が多い。

    無料でdodaに転職相談

    30代の転職と年齢の関係

    続いて、30代の転職と年齢の関係について解説します。

    30代は専門性を求められる要素が強い

    転職と年齢の関係性は、30代になるとより意識せざるをえなくなってきます。

    上述のように、20代ではポテンシャル採用を認めてくれる場合が多いですが、30代ではなかなかそうはいきません。

    30代では、専門性が求められ、

    • 何ができるのか、どんな成果を残せるのか
    • マネジメント経験があるのか

    を確認されます。

    「30代ならこれくらいできるよね?」という厳しい目で見られるようになります。

    30代で転職成功をするために求められるスキル

    30代で転職成功をするために求められるスキルは、大きく以下のとおりです。

    • 特定の領域に関する専門性
    • マネジメント能力
    • 課題設定、課題解決能力

    このように、専門性とマネジメント能力が重要です。

    30代は、20代に比べるとある程度キャリアの方向性が定まってきますので、20代でやってきた職種とその業界についての専門性が求められます。

    30代の転職相談でおすすめの転職エージェント

    30代の転職では、以下のエージェントを中心に転職活動を進めると、より良いキャリアアドバイザーに出会える可能性が高いです。

    • JACリクルートメント
    • JACリクルートメント

      年収600万円以上をターゲットとした管理・専門職やミドル・ハイクラス向けの転職エージェント。キャリアアドバイザーが企業担当を兼任しており、企業に関する知識が豊富。

      無料でJACリクルートメントに転職相談

    • リクルートエージェント
    • リクルートエージェント
      業界や業種、年齢を問わず、幅広い対応が強みで、各業界や業種の転職のプロフェッショナルが在籍しているエージェント。20代だけではなく30代でも圧倒的な実績。

      無料でリクルートエージェントに転職相談

      転職は年齢よりも経験とスキルが重要

      転職と年齢について解説しました。

      転職を考える際には、たしかに年齢は大切ですが、あくまでも未経験転職・キャリアチェンジにおける話です。

      最も重要なのは経験やスキルであり、今まで何をやってきて何ができるかです。

      年齢どうのこうのと気にする前に、自分ができることを積み上げていくことが重要です。

      自分のキャリアには自分で責任をもち、日々の仕事に誠実に向き合っていきましょう。

-転職

Copyright© EPIC LIFE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.