転職 転職相談

転職相談を30代がするならどこにする?30代の転職を成功させるポイントまで

更新日:

転職相談をしたい30代のあなたに、おすすめの転職相談先をご紹介します。

30代の転職相談先として、複数のサービスや公共施設が存在しますが、最もおすすめなのが転職エージェントです。

この記事では、転職エージェントを含めた30代向けの転職相談先に加えて、転職エージェントを有効活用するためのポイントまで詳しく解説します。

より良い転職活動ができるように、是非参考にしてください。

転職相談30代

転職相談をする30代が利用できるサービス

30代が転職相談をしたい場合に利用できるサービスは、大きく4つです。

  • 転職エージェント
  • 無料でキャリアのプロに相談でき、適切な求人を紹介してくれるサービスです。企業とのやり取りをすべて代行してくれることから、面接や書類作成のみに集中できて、最もポピュラーな転職支援サービスです。

  • 有料のキャリア相談サービス
  • キャリアに悩むあなた自身がお金を払うサービスで、相談にのってもらうこと自体に料金が発生します。お金を払うからこそアドバイスをくれる方も含めて双方の覚悟が強まり、深いレベルで自己分析をしてくれること、キャリアの道筋をつくってくれることが特徴です。代表的なサービスは、「ゲキサポ!キャリア」や「きづく。転職相談」です

  • ハローワーク
  • ハローワークは、各都道府県に存在する、「公共職業安定所」という職業紹介のための機関です。

  • 公共の転職支援サービス
  • 各都道府県や市町村が運営していて、無料で相談が可能です。中長期的なキャリア相談というよりは、今ある求人を教えてくれる意味合いが強いです。
    例えば東京の場合、東京しごとセンターなどがこれにあたります。

転職相談をする30代に転職エージェントをおすすめする理由

数あるサービスの中で、キャリア相談をする30代に最もおすすめなのは、転職エージェントです。

転職エージェントを利用することで、大きく以下のようなメリットがあります。

  • 豊富な経験やスキルをもった30代をターゲットにした非公開求人など、思わぬ求人に出会える
  • 転職のプロであるアドバイザーに相談して無料でアドバイスを受けられる
  • 書類や面接の対策をしてくれる
  • 企業との面倒なやり取りを全て代行してくれる
  • 条件交渉をしてくれる

このように、自分ひとりで転職活動をしていると見過ごしてしまうポイントを押さえられたり、一般に出回っていない求人に出会えたりするメリットがあります。

30代向けの求人は、一般に公開していない求人も多く、経験やスキルがある人に絞ってエージェントに依頼していることがあるため、エージェントを使わないと出会えない求人もあります。

また、転職エージェントは転職市場やキャリア形成のプロフェッショナルですので、「プロならでは」の視点でアドバイスをしてくれます。

キャリアアドバイザーとの相性が重要なため、合う合わないはあるものの、まずは登録して相談してみることをおすすめできるサービスです。

30代の転職相談におすすめの転職エージェント

ここからは、30代の転職相談時におすすめの転職エージェントについて解説します。

総合型エージェント

まずは、どんな業界・職種にも対応している総合型エージェントを紹介します。

30代で転職相談を考えている方は、まずこの中から2つ以上登録しておくと良いでしょう。

ハイキャリア転職の「JACリクルートメント」

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、特に外資系企業や海外拠点がある企業の転職支援に強いエージェントです。

仕事で脂が乗ってきた30代の方におすすめで、マネジメント経験や英語を活かした転職をサポートしてくれます。

また、年収600万円以上の方をターゲットにしていて、ハイキャリア求人を豊富に取り揃えていますので、キャリアアップを狙った転職を考えている方におすすめです。

他社と違う大きな特徴は、JACリクルートメントでは1人のキャリアアドバイザーが企業担当も兼務しているため、企業の情報を詳細に教えてくれることです。

「海外転職」や「管理職」、「英語を活かした転職」、「年収600万円以上の転職」にピンときた方は、一度相談してみてください。

無料でJACリクルートメントに転職相談

圧倒的業界No.1の「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界No1の実績と求人数を誇る転職エージェントです。

全国に拠点をもち、全国各地の求人を保有していて、30代に限らず40代、50代まで業界や業種を問わずに対応できるエージェントです。

また、経験豊富なベテランキャリアアドバイザーが多数在籍していて、どんな業界や職種でも転職サポートをしてくれることが特徴です。

コロナウイルスの影響が出始めた後の世界においても、求人数は相変わらず担保していることも流石です。

支援の安定感、対象の広さや実績から、「まず登録する」方が多い信頼できるエージェントです。

無料でリクルートエージェントに転職相談

リクルートと併用したい業界No.2の「doda」

doda

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界No2の転職エージェントです。

リクルートエージェントと特徴はほとんど変わりませんが、リクルートエージェントが保有していない非公開求人を多数保有しています。

そのため、リクルートエージェントと併用して使う求職者が多いことが特徴です。

転職の成功にはキャリアアドバイザーとの相性が重要であるため、リクルートエージェントと双方登録してみて、自分に合うエージェントはどちらかを確認しながら進めましょう。

無料でdodaに転職相談

質が高いサポートなら「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナキャリアが運営している転職エージェントで、幅広い求職者に対応しています。

転職サポートが手厚いことが大きな特徴で、書類や面接の対策まで丁寧にサポートしてほしい方におすすめです。

2019年・2020年と2年連続で、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門において総合第1位を獲得するほどのサービスを展開しているので安心です。

リクルートエージェントやdodaと同様に、どんな業界・職種にも対応していますが、IT・通信・インターネット業界、メーカー(機械・電気・電子)や、営業・事務職を特に得意としています。

無料でパソナキャリアに転職相談

特化型エージェント

続いて、なんらかの業界や職種に特化している特化型エージェントをご紹介します。

IT業界の転職なら「GEEKLY」

GEEKLYは、IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

職種を問わず、幅広い求人を揃えている急成長中の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが求人について熟知しており、提案力が高いことが大きな特徴です。

過去の転職支援実績を活かした高いマッチング制度が評判で、非公開求人が9,000件以上あるなど情報量も豊富です。(2020.6月現在)

IT業界での経験を活かし、更にキャリアアップしていきたい30代におすすめです。

GEEKLY

管理部門の転職なら「MS-Japan」

MS-Japan

【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】は、人事や総務、経理といった管理部門の転職支援に特化した転職エージェントです。

年齢や職位を問わず、幅広い層が利用できることに加え、創業約30年の豊富な実績があるので安心です。

管理部門で転職を考えている方で、特に、管理職を目指していきたい方はまず相談してみることをおすすめします。

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

ITエンジニアの転職なら「レバテックキャリア」

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・WEB系のエンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントで、エンジニア転職に強いエージェントです。

エンジニアやクリエイターに特化しているため、業界と職種に特化したキャリアアドバイザーが担当し、最新の専門用語や技術まで会話ができることが特徴です。

エンジニアは専門性の高い職種であるがゆえに、専門性が高いエージェントに相談したほうが安心です。

【レバテックキャリア】

合わせて登録したい「ビズリーチ」

ビズリーチ

ビズリーチは、CMでもおなじみのハイクラス向けの転職支援サービスです。

サイトに自身のレジュメを登録することで、3500名を超えるヘッドハンターや、採用をしている企業から直接オファーを受けられます。

管理職や経営幹部の求人などを中心に、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めていて、ハイクラス案件にはおすすめのヘッドハンティングサービスです。

一方で、年収500万円代の方のキャリアアップとしても利用できます。

無料会員と有料会員があり、無料会員の場合はプラチナスカウトメールに返信及び応募ができます。

また、応募はできないものの、ビズリーチに掲載されている求人情報とヘッドハンター情報を閲覧可能です。

有料会員になれば、プラチナ以外のスカウトメールに応募でき、自ら求人に応募することもできるようになります。

無料で使用しても十分価値はあるので、まずは無料で登録してみて、使えそうだと判断した場合に有料会員登録に切り替えることがおすすめです。

無料でビズリーチに登録

30代で転職する場合の注意点

30代の転職を成功させるためには、転職エージェントに登録するだけでは不十分です。

30代で転職する際の最低限の注意点を押さえておきましょう。

未経験職種への転職は難しい

そもそも30代で転職する場合は、20代よりも選択肢は狭くなっています。

これは非常に重要な考え方で、仕事を選ぶ自由度が狭まっていて、30代で未経験職種への転職は厳しいと考えた方が良いでしょう。

30代の転職というのは、基本的には『今までの経験を活かして即戦力として働く』ことを求められています。

故に、職務経歴の延長線上にある仕事に選択肢が限定されがちで、20代よりも職業選択の自由度は減るのです。

なぜ転職するのかを明確にする

30代の転職では、なぜ転職するのかを明確にし、転職への覚悟を強めておくことが重要です。

20代の時のように、勢いで転職をしてしまうと、取り返しがつかないことになりかねません。

自分がどうなりたいのか、何をしていきたいのかを明確にし、そのための手段としての会社・仕事を選ぶべきです。

今の会社で本当に無理なのか、斜め上に向かっていく転職になっているか(後退の転職になっていないか)を熟考しましょう。

転職エージェントを有効活用して30代の転職を成功させましょう

転職相談を30代がする場合におすすめの相談先について解説しました。

30代が転職相談をする相手として最もおすすめなのは、転職エージェントです。

今回ご紹介した転職エージェントの中から複数のエージェントを選び、自分に合うキャリアアドバイザーを見つけてみてください。

転職エージェントをただ使うだけではなく、有効活用のポイントを押さえて、より良い転職活動にしてください。

-転職, 転職相談

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.