転職 転職エージェント

転職エージェントとの面談のポイントは?話す内容・服装・お礼メールはどうする?

更新日:

「転職エージェントとの面談は、何を質問されるの?」「どんな準備がいるの?」「持ち物は?」「服装は?」転職エージェントとの面談を前にすると、不安に思うことが多く出てくるのではないでしょうか。この記事では、転職エージェントとの面談の内容、準備すべきこと、注意点などを詳しく解説します。最後まで確認すれば、転職エージェントとの面談をスムーズかつ有効活用できる状態になりますので、きちんと理解していきましょう。

転職エージェント面談

転職エージェントとの面談は何を話す?

転職エージェントとの面談は、どんなことを話すのか、そもそもの目的から解説します。

転職エージェントとは何かがよくわからないという方は、転職エージェントとは。転職初心者にもわかるレベルで徹底解説。面談の費用は?を先に御覧ください。

理解していただいている方は、飛ばして早速みていきましょう。

そもそも面談の目的とは

転職エージェントとの面談の最大の目的は、転職エージェントと求職者との間の相互理解を深めることです。

  • 求職者が今までどんな仕事をしてきて、どんなスキルをもっているのか
  • なぜ転職したいと思っているのか
  • どんな仕事、条件を求めるのか

を中心に、面談を通じて確認していくことが大きな目的です。

確認した情報をもとに、キャリアアドバイザーから求人やキャリアプランの提案をする目的もあります。

更に、求職者が自分のことをキャリアアドバイザーに売り込む(アピールする)場でもあります。こちらの詳細については、後述します。

面談の内容

具体的に、面談の内容はどのようなものか、みていきましょう。

面談の流れ

  1. 挨拶、アイスブレイク
  2. 今までの職務経歴の確認
  3. 仕事で成果をあげた経験、失敗した経験の確認
  4. 転職を考えた理由の確認・深堀り
  5. 過去の話(学生時代や幼少期)の深堀り
  6. 希望条件の確認
  7. 求人紹介(後日の場合もある)
  8. 今後の流れの説明

面談の流れの例です。

転職エージェント、それぞれのキャリアアドバイザーによって順番が前後するなど流れは違いますが、基本的な流れは上記のようなものです。

特に重点的に聞かれること

転職面談で特に重点的に聞かれることは、

  • 今までの職務経歴の中でどんな工夫と成果を残してきたか
  • 今後どのようなキャリアを築いていきたいか

の2点です。

職務経歴を確認することで、何ができてどんなスキルがある方なのかを確認されます。

今後のキャリアの希望を確認した上で、現状のスキルを考えてどこで着地させるかを考えるのが一般的な面談内容です。

加えて、優秀なエージェントほど、学生時代以前を幼少期まで深堀りします。

なぜそのように考えたのか、なぜそれが好き(嫌い)だったのかなど、思考や行動の癖を深堀りすることで、求職者の本質的な人間性をあぶり出し、マッチする仕事や会社を紹介してくれます。

面談の所要時間

初回転職面談の所要時間は、90分〜120分が一般的です。

大手エージェントの場合は、直接会うのはこの1回で、後はメール電話で連絡を取り合うことが多いです。

一方、中小エージェントを中心に丁寧なコンサルティングを売りとしているエージェントは、120分の面談を3回4回と繰り返すことが多いです。

自己分析を深めたり、転職軸を定めたり、面接対策をしたりするなど、求職者に深く寄り添った面談を繰り返すエージェントも存在します。

参考記事:転職エージェントとの面談時間はどれくらい?面談の時間帯やポイントまで。

転職エージェントとの面談のポイント

ここからは、転職エージェントとの面談の際に意識すべきポイントを解説します。

転職エージェントとの面談は、ただ聞かれたことに答えていれば良いわけではありませんので、きちんとポイントを理解していきましょう。

転職エージェントへのアピールの場

大前提として、転職エージェントとの面談は、あなたを転職エージェントにアピールする場だと思っておきましょう。

当然、面談で聞かれたことに回答し、マッチする求人を提案してもらう場であることは間違いありません。

ただし、受身の姿勢ではなく、あなたの強みをアピールし、より良い求人を提案してもらうように自分を売り込むことが重要です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、1人あたり50名〜100名の求職者を同時に担当しています。

よって、当然優先順位をつけて対応します。

そこで、転職意欲が強いこと、こんなことに挑戦したいなどの成長意欲を示すことで、あなたの優先順位が高まり、より親身になって転職支援をしてもらうことに繋がるのです。

転職面談というアピールの場を利用して、「求人を紹介してもらう」のではなく「より良い求人を紹介させる」くらいの意識で自分を売り込みましょう。

本音で話す

転職エージェントとの面談では、本音で話すことが原則です。

自分をよく見せようとして、仕事における数字をごまかしてみたり、転職理由をかっこよく伝えてみたりするのは良くありません。

なぜならば、面談で得た情報をもとに、あなたに合うと判断した求人を紹介してくれるからです。

つまり、面談で嘘をついてしまうと、本来あなたに合うであろう求人とは違う求人が出てきてしまうことに繋がります。

転職エージェントに自分の弱みやマイナスなことを本音で伝えたとしても、それがそのまま企業に伝わるわけではありませんので、安心して本音で話してください。

こんな面談はNG

面談のポイントを理解していただいたところで、面談時に注意すべきこと、NGポイントを解説します。

本音で話せば良いからといって、どんな内容でも問題ないかというとそうではありませんので、きちんとポイントを確認しておきましょう。

社会人としての常識がない

当たり前のことではありますが、社会人としての常識がないような行動をするのはNGです。

  • 面談の時間に遅れる
  • 面談において高圧的な態度や失礼な態度を取る
  • 言葉遣いが悪い

このような社会人としての常識を疑われる行動をすると、当然キャリアアドバイザーからの信頼を得られず、優先順位を下げられてしまいます。

不平不満ばかり言う

会社への不満を本音ベースで伝えてはいけないわけではありませんが、面談中常に不平不満ばかり言っているような印象を与えるのはよくありません。

不満を本音で伝えながらも、未来に向けたポジティブな希望の話をした方が良いです。

不平不満ばかり言っていると、キャリアアドバイザーとしては、印象が良くない人と判断しがちです。

あまり関わりたくない人と思われてしまうと、優先的に対応してもらえなくなってしまいますので、不平不満の言いすぎには気をつけましょう。

転職エージェントの面談に関してみんなが気になっていること

転職エージェントとの面談時の疑問

続いて、転職エージェントの面談に際して、みんなが気になっていて質問したいことについて解説します。

面談前にきちんと確認して、当日慌てないようにしておきましょう。

面談の場所は?

転職エージェントとの面談場所は、大きく4つです。

  • 転職エージェントのオフィス内にある面談ブース
  • 貸し会議室等のオフィス外のスペース
  • ホテルのラウンジや街のカフェなどの落ち着いた場所
  • 電話やWEB

最も多いパターンは、転職エージェントのオフィスに行って、面談ブースで面談をする方法です。

中小エージェントで、社内の面談ブースが豊富にない場合は、社外の会議室やカフェを利用することもあります。

エージェントの大小問わず、電話やWEBでの面談の場合もあります。

大原則として、面談日程が決まったら場所も同時に指定されますので、案内に従えば問題ありません。

面談の服装は?

転職エージェントとの面談時の服装は、原則自由です。

仕事後であれば仕事の服装で行けば良いですし、お休みであれば私服で構いません。

ただし、服装によって転職エージェントに与える印象が変わることは理解しておきましょう。

例えば、営業職の方が、あまりにもラフな格好で面談に行くと、営業としての適正に疑問を持たれたりします。

業種や職種にもよりますが、ある程度のビジネスカジュアルを意識した服装を選ぶことをオススメします。

参考:転職エージェントとの面談時の服装は?面談で失敗しないためのポイントとは。

面談の持ち物は?

面談の持ち物は、基本的には「なし」で大丈夫です。

転職エージェントによっては、「履歴書」と「職務経歴書」を持参するように指示される場合もあります。

もし準備できるようであれば、指示がなくても「履歴書」と「職務経歴書」、顔写真くらいは準備しておくと良いでしょう。

加えて、筆記用具と、エージェントからもらう書類を入れる用のA4クリアファイルがあると便利です。

面談の事前準備は必要?

転職エージェントとの面談の事前準備としては、思考を整理しておくことが重要です。

何も準備しておかなくても、キャリアアドバイザーがうまく整理してくれるものの、事前にきちんと思考の整理ができている人の方が話が早いですし、何より「優秀な人」と判断されます。

整理しておくと良いポイントは、以下3点です。

  • なぜ転職するのか
  • 転職して将来的にどうなりたいのか
  • 今までの仕事でどのような成果を出したか、そのポイントは何か

この3点だけは、最低限整理しておくと話がスムーズです。

できるのであれば、それぞれについて、「なぜ?」を3回〜5回程度繰り返すと思考の深堀りができるのでオススメです。

面談には何分前に行けば良い?

一般的なアポイントと同様に、転職エージェントとの面談でも5分前に受付をすれば問題ありません。

ギリギリすぎたり、遅刻をすればもちろん印象はよくありませんし、早く訪ねても印象はよくありません。

はやく待ち合わせ場所に到着した場合でも、5分前までは時間を潰して、5分前になったら受付を済ませたり、担当者に連絡したりしましょう。

面談後にお礼メールは必要?

「転職エージェントとの面談後に、お礼メールを送る必要はある?」と疑問をもつ方が多いです。

結論、送らなくても問題ありません。

ただし、お礼メールを送ったほうが、「仕事ができる人」「気が利く人」と好印象をもたれることは間違いありません。

転職エージェントのキャリアアドバイザーも、あなたと同じ人間であり、感情で動くものです。

より良い印象を与え、良好な関係を築いていくために、余裕があるのであればお礼メールは送りましょう。

面談は地方でもできる?

転職エージェントとの面談は、拠点がない地方でも可能です。

電話面談や、WEB面談で対応が可能です。

ただし、転職エージェントによっては、地域によって扱っている求人がないが故に面談を断られることもあります。

住んでいる地域に対応してくれるかどうか、直接エージェントに確認してみましょう。

面談後の流れは?

転職エージェントとの面談後の流れは、以下のパターンがあります。

  • 面談で紹介された求人に応募する
  • 面談の内容を基に、後日求人を紹介してもらい応募する
  • 書類を作成していない場合は「履歴書」と「職務経歴書」をエージェントに提出する

いずれにしても、ポイントは迅速な連絡です。

面談から間があいてしまうと、ずるずる動きが鈍くなっていくものです。

基本的にはエージェントから連絡をくれるはずですが、連絡がない場合は自分から積極的に連絡をいれ、エージェントを動かすことが重要です。

転職エージェントを有効活用するテクニック

転職エージェントを有効活用するために、面談時に意識すべきテクニックを解説します。

転職エージェントを他にも使っていることを伝える

転職エージェントとの面談時には、他にも転職エージェントを使っていると伝えたほうが、本気になって他エージェントに負けないように動いてくれやすいです。

1社しか使ってないと伝えてしまうと、まだ焦る必要がないので、比較的スピード感が出にくくなってしまいます。

他エージェントと良い意味で競わせて、自分への注力度合いを高めてもらうことがポイントです。

転職意欲が高いことを伝える

もう1つ、転職意欲が高いことを伝えた方が、優先的に動いてくれやすいです。

絶対にダメなのが、思っていたとしても「とりあえず話を聞きにきました」と言ってしまうことです。

何となく面談に来ていて転職意欲が低いことが伝わってしまうと、転職意欲が高い他の求職者を優先されてしまいます。

面談時には、転職意欲が高いことをアピールして、積極的に情報収集をするようにしましょう。

転職エージェントは複数登録が基本

転職エージェントは、1社だけを使うのではなく、複数登録することが基本です。

1社のみだと、求人の種類に限りがありますし、1人のキャリアアドバイザーからの偏ったアドバイスになってしまいます。

少なくとも2〜3社と面談をしてみて、多くの視点でアドバイスを受け、相性が良いと感じるエージェントに絞ることをオススメします。

参考:転職エージェントは複数掛け持ちすべき?複数利用時の注意点まで徹底解説!

転職エージェント 特徴
リクルートエージェント 業界No1の実績と求人数
doda リクルートエージェントに次ぐ業界No2の実績と求人数
マイナビエージェント 首都圏と関西圏の20〜30代の若手対象で、企業との強いパイプ
パソナキャリア 求職者理解にこだわった丁寧なコンサルティング
JACリクルートメント 外資系を中心としたハイキャリア案件

上記の代表的なエージェントに登録していなければ、2〜3社にまずは無料転職相談をしてみましょう。

また、目的や自身の状況に応じてエージェントを選びたい方は、以下の記事を参考にしてください。

20代の方 20代におすすめの転職エージェント14選!元転職エージェントが詳細を解説
30代の方 30代におすすめの転職エージェントを徹底解説!気になる年収の上げ方とは。
高卒の方 高卒こそ転職エージェントを使うべき!高卒の転職成功におすすめの転職エージェントを紹介
フリーターの方 フリーターでも転職エージェントは使える!転職成功のための厳選転職エージェントを紹介!
女性の方 女性におすすめの転職エージェントを徹底解説!女性におすすめできる転職エージェントとは。
第二新卒の方 【第二新卒必見】元転職エージェントがおすすめする第二新卒向け転職エージェント
IT業界希望の方 IT業界の転職におすすめの転職エージェントとは。エージェントの選び方と利用の注意点まで解説
一覧を見たい方 転職エージェントの一覧を目的や業界別に紹介!本当におすすめを厳選!

概要とポイントを理解して面談に臨みましょう

転職エージェントの面談について、内容や気になるポイント、注意点まで解説しました。

転職エージェントとの面談は、受け身で流れに身を任すのではなく、自分をアピールすることが重要です。

転職エージェントをうまく活用して、転職成功ができるように準備していきましょう。

-転職, 転職エージェント

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.