転職 転職エージェント

【厳選】フリーターにおすすめの転職エージェント7選!転職成功のポイントまで

更新日:

「フリーターをしている自分は、転職エージェントを利用できるの?」
「フリーターに強い転職エージェントはあるの?」

このような不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、 フリーターにおすすめの転職エージェントはもちろん、フリーターの方が転職において考えるべきこと、エージェントの活用方法まで詳しく解説します。

正しい知識を得て、転職活動で失敗しないように準備していきましょう。

フリーター転職エージェント

フリーターが正社員になるのに転職エージェントを使うべき理由

結論からお伝えすると、フリーターの方でも転職エージェントは使えます。

フリーターだから使えないということはなく、通常通り面談をして条件に合う求人を紹介してもらうことができ、むしろ積極的に転職エージェントを使うべきです。

その理由を解説していきます。

経験面が弱くても自分に合った業界や職種を提案してくれる

フリーターが転職エージェントを使うべき大きな理由は、フリーターの方は職務経歴が弱いため、転職のプロのサポートが必要ということです。

経験が浅いあなたに対しても、自分ひとりでは気づかない強みや得意なことを引き出してくれ、あなたに合う業界や職種を提案してくれます。

プロに相談したからこそ見つけられる業界や職種があることが多いため、転職エージェントに相談することで可能性が広がることでしょう。

書類の添削や面接対策を無料でしてくれる

また、書類の添削や面接対策を無料でしてもらえることも大きなメリットです。

企業にあなたの魅力が伝わるように書類を添削してくれたり、自分ひとりでは内定を取れない企業の面接の対策をしてくれたりします。

転職のプロだからこそわかる、アピールすべきポイントを教えてくれるので、1人で転職活動をするよりも転職成功の確率が格段に上がります。

このように、フリーターの方が正社員に転職したい場合は特に、転職エージェントの利用が必要です。

転職エージェントが提供してくれるサービスとは

フリーターの方にオススメする転職エージェントのサービスについて、概要を確認しておきます。

転職エージェントは、基本的に以下のようなサービスをしてくれます。

  • 面談でのキャリア相談
  • 適職、活躍可能性がある求人を紹介
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 企業との連絡の代行
  • 面接対策(面接練習)
  • 企業へ人間性をアピール
  • 内定条件の交渉

ここまでのサービスを、なんと無料でやってくれます。

経験が浅いフリーターの方は、使わない理由がないですよね。

転職エージェントについてより詳しく知りたい方は、以下の記事を先に御覧ください。
転職エージェントとは。転職初心者にもわかるレベルでメリット・デメリットまで徹底解説。

フリーターにおすすめの転職エージェント7選

ここでは、フリーターの方が転職相談をするのに特におすすめの転職エージェントをご紹介します。

まず登録すべきエージェントと、併用したいエージェントに分けてご紹介しますので、それぞれから自分に合いそうなエージェントを選んでみてください。

まず登録すべき「フリーターに強い転職エージェント」

フリーターの方がまず登録すべき転職エージェントは、フリーターに強いとうたっている転職エージェントです。

経験が弱い方向けの転職サービスを意識的に提供しているため、フリーター向けの求人を多く保有し、ノウハウも豊富です。

就職Shop

就職shop

就職Shopは、『リクナビ』『リクルートエージェント』でお馴染みの人材業界最大手、リクルートが運営する転職支援サービスです。

既卒・フリーターを主な対象にしていて、全国の主要都市で面談可能です。

よって、フリーターで転職エージェントを大阪や名古屋で探している方にもおすすめできます。

大きな特徴は、書類選考がなく、履歴書で落とされることがないことです。

未経験可ということはもちろん、営業だけでなく、事務や企画、技術系の職種での募集も多数あり、正社員を目指す20代のフリーターの方には嬉しいサービスです。

また、面接対策も充実していることから、面接に不安がある方は登録すると良いでしょう。

無料で就職shopに転職相談

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、幅広い人材サービスで急成長中のレバレジーズ社が運営する転職支援サービスです。

若年層のフリーターや第二新卒等を対象にしていて、「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っていることが特徴です。

独自の自分発見カウンセリングで適職を提案してくれることに加え、業界未経験転職支援実績は約15万人以上で転職内定率は80.4%と高い実績を誇っています。(2020.07現在)

ハタラクティブに無料転職相談
※登録後、0120-979-185より確認のお電話がございますので、ご対応ください。

ウズキャリ

UZUZ

ウズキャリは、UZUZ(ウズウズ)が運営する、10〜20代の第二新卒やフリーターを中心とした転職支援をしている転職エージェントです。

第二新卒、既卒、就職浪人、大学中退(高卒)、フリーター、ニートまで、比較的転職弱者となりやすい層に徹底的に寄り添って支援しています。

社員が全員「元第二新卒」、「元既卒」であるため、気持ちをわかって支援してくれることが大きな特徴です。

入社後に定着率が高くなる特徴があり、丁寧な支援をしている証拠です。

無料でウズキャリに転職相談

JAIC

JAIC

JAICは、厚生労働省認定の職業紹介優良事業者で、既卒、第二新卒、大学中退、フリーターまで20代の就職支援をしています。

JAICでは、ビジネスマナーやプレゼンテーションなどの無料研修を実施していることが特徴です。1日・3日・7日間のいずれかから受講でき、研修に参加すれば書類選考なしで企業の面接にエントリーが可能になります。

転職に成功するだけではなく、その後の活躍と定着まで意識した支援をしてくれるエージェントです。

20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援ならジェイック。

併用がおすすめの若手向け転職エージェント

ここからは、フリーター特化ではないものの、若手の支援に定評があり、上記エージェントと併用して登録をおすすめできる転職エージェントをご紹介します。

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sは人材大手のマイナビグループが運営する、20代に特化した転職エージェントです。

20代を中心とした若年層の転職を熟知したキャリアアドバイザーが、きちんと寄り添ってフルサポートしてくれます。

職種・業種未経験OK求人が50%以上で、自己分析に役立つ適性診断を受けられます。

首都圏、関西におすすめの20代の方は、是非相談してみてください。

無料でマイナビジョブ20'sに転職相談

GEEK JOBキャンプ

GEEK JOB

GEEK JOBキャンプは、未経験からエンジニアを目指すための転職エージェント、プログラミングスクールです。

プログラマー未経験からエンジニア正社員への転職率は、なんと97.8%です。

無料でプログラミング指導を受けながら転職できることが大きな特徴で、未経験からプログラマーのキャリアをつくることができます。

フリーターからエンジニアとしてキャリア形成をしたい方におすすめです。

未経験からプログラマーへ転職できる【GEEK JOBキャンプ】

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、全国で圧倒的な実績と求人数を誇る業界No1エージェントです。

幅広い年代に対応していて、全国どこの求人でも紹介可能です。

リクルートエージェントは圧倒的な求人数を保有しているがゆえに、経験が浅いフリーターの方でも求人を紹介してくれる可能性があるエージェントです。

支援の安定感、対象の広さや実績から、「まず登録する」方が多い信頼できるエージェントです。

コロナ後の世界においても、圧倒的な求人数を担保してくれているのが嬉しいポイントです。

無料でリクルートエージェントに転職相談

転職エージェントと合わせて登録すべき「リクナビネクスト」

フリーターの方は、転職エージェントだけではなく、転職サイトに登録することも必須です。

(転職エージェントと転職サイトの違いに付いての詳細は、こちらを御覧ください。)

登録すべき転職サイトは、リクナビNEXTです。

リクナビNEXTの特徴は、大きく以下の2点です。

  • 業界最大手のリクルートが運営し、圧倒的な求人数
  • 未経験歓迎の求人が豊富

転職エージェントに相談しつつ、リクナビネクストでどのような求人があるのか、自分がどのような求人にチャレンジできるのか、検索してみましょう。

無料でリクナビNEXTに登録する

フリーターが転職エージェントを使う前に考えるべきこと

フリーターの方は、転職エージェントを使うべきだと解説しましたが、なんとなく相談すれば良いということではありません。

フリーターの方が、転職エージェントを利用する前に考えておくべきことをみていきましょう。

正社員として働く覚悟をもつ

最重要といっても過言ではないのが、「正社員として働く覚悟をもつこと」です。

厳しいことをいいますが、ここまで正社員として働いてこなかった自分を反省し、これから必死に働いてスキルと経験を得る覚悟を本気で持たなければ、絶対に転職はうまくいきません。

転職活動中に、面接で厳しいことを言われるなど、辛いことも多く発生します。

それでも折れず、何としても希望の会社に転職して仕事で成果を出すんだという覚悟が、絶対に必要です。

どうなりたいのか本気で考える

もう一つ重要なことは、「転職をして自分がどうなりたいのか」を本気で深く考えることです。

フリーターの方への企業の評価は、正直高くありません。

そんな状況で、「なんとなく転職活動をしている」「何がしたくてどうなりたいのか不明瞭」な状態で面接を受けても、内定が出るはずがありません。

人それぞれ、フリーターとしてのキャリアを歩んでいる理由は違えど、厳しい目が向けられるわけですから、今後のキャリアの方向性ややりたいことを語れない方を入社させたいと思うでしょうか?

「この人なら粘り強く働いてくれそう」
「真面目に成果にコミットしてくれそう」

このような印象を抱いてもらうためにも、自分が今後どうなっていきたいのかを少しでもクリアにしておきましょう。

そうすることで、転職エージェントの方から求人の提案をしてもらいやすくなりますので、メリットは大きいです。

フリーターが転職エージェントを使う際の壁

フリーターの方は、転職エージェントを使うべきですが、実は大きな壁にぶつかる可能性があります。

エージェントによっては、「フリーターの方に紹介できる求人はない」ということで、積極的に支援をしてもらえない場合があるのです。

正確に言うと、転職エージェント(人材紹介会社)は、求職者の登録を断ることはできません。

しかしながら、「紹介できる求人がない」という理由で、実質的にサービスを断るような形にもっていきます。

なぜこのようなことがおきるかというと、転職エージェントはあくまでもビジネスであり、求職者を企業に紹介して紹介料をもらっているため、転職成功する可能性が高い求職者を優先するためです。

キャリアアドバイザーが対応できる数と時間に限りがあるため、極力紹介がしやすい求職者を優先するのは、ある意味自然な流れです。

すべての転職エージェントが、フリーターの方への支援を十分にしてくれるわけではないことは、理解しておきましょう。

フリーターが転職エージェントを有効活用するコツ

最後に、フリーターの方が転職エージェントを有効活用するコツを解説します。

より効果的にエージェントを使うためのポイントを押さえていきましょう。

複数の転職エージェントに相談する

まず、基本中の基本は、複数の転職エージェントに相談することです。

1社の転職エージェントのみで転職することは、思考が偏るため危険です。

1人のキャリアアドバイザーの意見を鵜呑みにするのではなく、客観性を担保するために複数のエージェントに相談しましょう。

転職エージェントによって保有求人が異なることもあり、複数社を使うメリットは大きいです。

自分を「商品」だと思ってアピールする

転職相談時には、受け身の姿勢で臨むのではなく、自分を商品だと思って売り込むようにアピールすることがポイントです。

転職エージェントは、面談時に『企業に紹介したい』と思った方を優先的に対応して企業に紹介くるものです。

企業に紹介したい人材だと思ってもらえるように、人としてのマナーや礼儀はもちろんのこと、あなたの経歴や強みをきちんとアピールしましょう。

自分に合う転職エージェントに登録して正社員を目指しましょう

フリーターの方が転職エージェントに相談する前に考えるべきこと、おすすめの転職エージェントについて解説しました。

フリーターの方の転職には、転職エージェントの協力が不可欠です。

とはいえ、転職エージェントに任せきりにするのではなく、自分自身の人生をこれからどうしていくのか、本気で考え、強い覚悟をもって転職に臨むことが重要です。

自分に合う転職エージェントを有効活用して、正社員としてのキャリアを切り開いていきましょう。

-転職, 転職エージェント

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.