転職 転職エージェント

転職エージェントの担当変更は遠慮なくできる!担当変更時の注意点と伝え方まで徹底解説

更新日:

「転職エージェントと相性が合わないんだけど、担当変更できるのだろうか?なんか申し訳ない」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、転職エージェントの担当変更はしても良いのか、どんな状況であれば担当変更をすべきなのか、詳しく解説します。

担当変更時の注意点と伝え方まで解説しますので、最後まで読んでいただければ、迷いなく行動できる内容になっています。早速みていきましょう。

転職エージェント担当変更

転職エージェントの担当変更は遠慮なくできる!

結論からお伝えすると、転職エージェントの担当変更は遠慮なくしていただいて構いません。

最初に担当になったキャリアアドバイザーを担当変更してはいけないルールや、担当変更の回数制限のルールなどは、全くありません。

ただし、むやみに自分の気分で次から次へと担当変更をして良いかというと、そうではありません。

担当変更する時の注意点

転職エージェントの担当変更をする時の注意点は1点で、「明確な理由を伝えて担当変更すること」です。

理由を伝えずに担当変更をしたり、気分でなんとなく担当変更をすることはNGです。
いい加減な態度で対応してしまうと、その後の求人紹介やサポートに悪影響がある可能性もあります。

人と人との関係ですので、礼儀としてきちんと相手に理由を伝えましょう。

本当に担当変更はすべき?

担当変更をする際には、きちんと理由を伝えましょうとお伝えしてきました。

ここでは、どういった理由があれば担当変更をすべきなのか、どういった担当者であれば担当変更をすべきなのかを解説します。
「転職エージェントが最悪だから、担当変更だ!」のように、感情的に決めてしまうのは良くありません。担当変更すべき人の特徴をみていきましょう。

担当変更すべきキャリアアドバイザーの特徴

担当変更すべきキャリアドバイザーの特徴は、以下の通りです。

  • 人間的に相性が合わず、やり取りをしていて不快感がある
  • 高圧的で上から目線
  • レスが遅い
  • エージェントの都合で求人や意思決定を押し付けてくる
  • 業界や職種についての知識が浅い
  • 電話やメールがしつこい
  • 勤務中に電話をかけてくる
  • マナーや言葉遣いが悪い
  • 面接対策をしてくれない
  • 他エージェント経由で応募している案件を否定する
  • 想いやりや配慮がなく、気が利かない
  • 認識の齟齬やミスが多い

挙げればキリがありませんが、代表的な担当変更すべき人の特徴です。

大まかに定義すると、「転職エージェントのノルマ等の都合をあなたに押し付けてくる、想いやりに欠ける人。専門性が乏しい人」は、担当変更した方が良いです。

担当変更すべきでない優秀なキャリアアドバイザーの特徴

一方で、多少厳しくてイラッとすることがあったとしても、次のようなキャリアアドバイザーは簡単に担当変更すべきではありません。

  • あなたの中長期的なキャリアを考えてくれる
  • あなたの「なりたい姿」を大切にしてくれる
  • 業界や職種に詳しい
  • 希望プラスαの提案をしてくれる
  • 面談でのヒアリング能力が高い
  • コミュニケーションに抜け漏れがない
  • 厳しいことでも言ってくれる

優秀なキャリアアドバイザーの特徴についても、キリがありませんが、代表的な特徴は以上のようなものです。

求職者は、「自分を気持ちよくしてくれる優しい人」が良いキャリアアドバイザーだと認識しがちですが、これは間違っています。

本当に優秀なキャリアアドバイザーは、あなたの弱みを理解し、甘いところに対して厳しく指導してくれます。
言うべきことは、きちんと言ってくれます。

その点で、自分に甘い求職者ほど、担当変更で逃げようとしますが、それはオススメできません。

キャリアアドバイザーは、御用聞きであれば良いわけではありませんので、冷静に判断して下さい。

自分に非はない?

「転職エージェントが冷たい」
「転職エージェントがむかつく」
「転職エージェントの対応が微妙だ」

このように考えて、担当変更をしたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、実は自分に非はないのか、冷静に見つめ直すことも重要です。

上述のように、本当に良いエージェントは、厳しいことも言ってくれます。
故に、「冷たい」「むかつく」と感じることもあるでしょう。

また、あなた自身が転職エージェントに対して横柄な態度や非常識な態度をとっていれば、「微妙だ」と感じる対応になっても仕方ありません。

ビジネスとはいえ、人と人とのやり取りですので、全て相手のせいなのか、冷静に見極めてから担当変更をしましょう。

転職エージェントの担当変更の方法

担当変更をすべき理由があれば、実際に担当変更を打診しなければなりません。ここでは、具体的な担当変更の方法について解説します。

メール

「直接伝えるなんて申し訳ない」

そんな方に最もオススメなのは、メールで担当変更を伝える方法です。

メールであれば、伝え方や言葉を選ぶことができますし、時間をかけて文章を作成できますので安心です。
転職エージェントの担当変更は、メールで行うことをオススメします。

簡単な例文をご紹介します。

希望に合った求人を紹介してくれない場合

◯◯様

お世話になっております。

転職活動で大変お世話になっております、〇〇と申します。

現在、〇〇様に担当していただき、転職活動において非常に助かっております。

しかし、〇〇様からいただく求人を含めたご提案やアドバイスは、私が当初よりお伝えしている方向性と若干、ずれていると感じております。
故に、もし可能であれば、他のアドバイザーの方に担当を変更していただくことはできますでしょうか。

他の方の意見を伺って、転職活動をしていきたいと考えております。
私のコミュニケーションにも何かと問題があると考えておりますので、大変恐縮ではございますが、ご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い致します。

業界や職種に関する知識が浅いと感じた場合

◯◯様

お世話になっております。

転職活動で大変お世話になっております、〇〇と申します。

転職活動をするにあたり、これまで〇〇様に担当していただき、非常に助かっております。ありがとうございます。

非常に丁寧にご対応いただき、感謝しておりますが、〇〇様からいただく求人や業界に関する情報に、やや不安を感じております。

私が未熟であるがゆえに、詳細な情報をいただきたく考えておりますので、志望している◯◯業界や職種にもう少し詳しい方にご担当いただくことはできますでしょうか。

他の方の意見も伺いまして、転職活動をしていきたいと考えております。

私の知識不足が原因である中、大変恐縮ではございますが、ご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い致します。

以上のように、いくら転職エージェントの対応がまずかった場合でも、丁重に担当変更の連絡を入れることをオススメします。

あまりにも上から連絡をしてしまうと、次の担当をしてくれるアドバイザーがやりづらくなったり、「無難な」アドバイスしかもらえなくなってしまいます。

「人として」想いやりをもった対応を心がけましょう。

その他の方法

メールが最も伝えやすく、おすすめの方法ですが、他にも方法はありますのでご紹介します。

  • Webから申請する
  • 電話で伝える

エージェントによって詳細は異なりますが、マイページ等の個人ページに、「キャリアアドバイザーの変更を申請する」などのボタンがあることが多いです。
問い合わせに含まれていることもありますが、Web上で申請ができるようになっています。

簡単に申請ができるとはいえ、担当変更の理由は丁寧に記載しましょう。

最後に、電話で伝える方法です。
最もハードルが高いですが、最も礼儀正しい方法と考えることもできます。

無理をする必要はありませんが、「お世話になったわけだし直接伝えたい」というような想いがある方は、メール同様丁重にお伝えしましょう。

新しい担当者に変わった後にすべきこと

面談

実際に担当変更をした後は、そのまま何もせずに進めれば良いかと言うとそうではありません。

担当変更をしたら、以下は必ずやりましょう。

  • 新規で面談をする
  • 頻繁に連絡を取る
  • ⇒信頼関係を築く

担当変更押したら、必ず再度面談をして丁寧に自分の希望や今までのキャリアを共有しましょう。
この面談を怠ってしまうと、せっかく担当変更をしてもまた同じようなミスマッチが発生してしまいます。

また、今まで以上に頻繁に連絡を取り、進捗状況を確認することも重要です。
頻繁に連絡を取ることで、お互いのことを理解でき、信頼関係が深まる効果もあります。

担当変更ではなく転職エージェントの変更もあり

転職エージェントの担当変更を考えた場合は、転職エージェント自体を変更してしまうのもありです。
担当変更をして、かつ新たに転職エージェントに登録してみるのもオススメです。

転職を成功させるには、転職エージェント自分との相性は非常に重要です。複数の転職エージェントと接点を持って、1番自分に合ったエージェントを選んでいきましょう。

キャリアアドバイザーとの相性が悪い・優秀でない場合

キャリアアドバイザーとの相性が悪かったり、優秀でないと感じたりした場合に、変更先としてオススメの転職エージェントをご紹介します。
ここでは、経験豊富な優秀なキャリアアドバイザーが多く在籍する転職エージェントをご紹介します。今自分が登録していない転職エージェントがあれば、無料相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント2021

業界トップの実績・求人数をもつリクルートエージェントは、各業界や業種に精通した経験豊富なキャリアアドバイザーが多く在籍しています。

リクルートエージェントで長年キャリアのバイザーを勤める社員も多く、信頼できるエージェントです。

一方で、中途採用で常に新人社員を採用しているため、経験が浅いキャリアアドバイザーも多いことは否めません。
どんなキャリアアドバイザーが担当になるか、こればかりは運要素が強いため、もし相性が合わない場合は担当変更をすることをオススメします。

リクルートエージェントに無料転職相談

doda

doda

リクルートエージェントに次ぐ業界No2のエージェントが、dodaです。

dodaは、キャリアアドバイザーの対応が丁寧であると評判のエージェントで、リクルートエージェントと双方登録している方が多いです。

リクルートエージェントと同じく、各業界や業種に特化したキャリアアドバイザーが在籍しており、あなたのキャリアに合ったアドバイザーをアサインしてくれます。

ただし、dodaについても、キャリアアドバイザーの質に個人差があることは否めませんので、無料転職相談をしてみて、相性を見極める必要があります。

dodaお勧めの大手優良求人

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナキャリアが運営している転職エージェントで、第二新卒や20代、30代と幅広い求職者に対応しています。

転職サポートが手厚いことが大きな特徴で、初めての転職の方で書類や面接の対策まで丁寧にサポートしてほしい方におすすめです。

2019年・2020年と2年連続で、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門において総合第1位を獲得するほどのサービスを展開しているので安心です。

リクルートエージェントやdodaと同様に、どんな業界・職種にも対応していますが、IT・通信・インターネット業界、メーカー(機械・電気・電子)や、営業・事務職を特に得意としています。

パソナキャリアに無料転職相談

専門性が低いと感じた場合

ここからは、キャリアアドバイザーの専門性が低いと感じた場合にオススメのエージェントをご紹介します。
転職エージェントであれば、誰しも自分の志望業界に詳しいというわけではありませんので、自分に合う転職エージェントを見つけましょう。

IT業界なら「GEEKLY」

GEEKLYは、IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

職種を問わず、幅広い求人を揃えている急成長中の転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが求人について熟知しており、提案力が高いことが大きな特徴です。

過去の転職支援実績を活かした高いマッチング制度が評判で、非公開求人が9,000件以上あるなど情報量も豊富です。(2021年5月21日時点)

GEEKLYに無料転職相談する

管理部門・士業なら「MS-Japan」

MS-Japan

経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】がオススメです。

MS-Japanは、管理部門特化型エージェントNo.1(※「人材紹介企業のブランドに関する調査」 2017年3月 実査委託機関:楽天リサーチ(株)) の実績をもつエージェントです。

経理財務・人事・総務などの管理部門に加え、会計士・税理士・弁護士等の士業にも強みをもっていて、専門性が高いキャリアアドバイザーのアドバイスを受けられます。

総合エージェントだと、なかなか分からない専門的な知識も、MS-Japanであれば深く理解していますので安心です。

弁護士・公認会計士・税理士の求人・転職なら【MS-Japan】

ITエンジニアの転職なら「レバテックキャリア」

レバテックキャリア2021

レバテックキャリアは、IT・WEB系のエンジニアやクリエイターに特化した転職エージェントで、エンジニア転職に強いエージェントです。

エンジニアやクリエイターに特化しているため、業界と職種に特化したキャリアアドバイザーが担当し、最新の専門用語や技術まで会話ができることが特徴です。

【レバテックキャリア】

必要な場合は担当変更やエージェント変更を!

転職エージェントの担当変更の仕方、担当変更すべき人、エージェント変更におすすめの転職エージェントをご紹介しました。

転職エージェントの担当変更は可能ではあるものの、むやみに変更するのではなく、明確な理由をもって変更しましょう。
また、変更後は、より密に連絡を取り合って、お互いを深く理解することが重要です。

転職の成功のためには、エージェントとの相性の良さは必要不可欠です。
担当変更だけではなく、転職エージェント自体の変更も含めて、自分が最もやりやすい形で転職活動が進められるようにしていきましょう。

-転職, 転職エージェント

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.