転職 転職エージェント

看護師転職におすすめの転職エージェント7選!有効活用方法と失敗しないためのコツまで

更新日:

「看護業界で転職するのに、どこの転職エージェントを選べば良いのだろうか」
「看護師から他の仕事に転職するのに、どこの転職エージェントを選べば良いのだろうか」

このような不安をおもちではないでしょうか。

この記事では、看護師への転職はもちろん、看護師から他の職種への転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

加えて、エージェントの選び方や有効活用方法、転職を失敗しないためのポイントまで解説します。

なんとなくエージェントに相談しても、転職は失敗してしまいますので、ポイントを是非参考にしてください。

看護師転職エージェント

看護師が転職エージェントを使うべき理由

結論、看護師の転職では、転職エージェントを使うと便利です。

看護師が転職エージェントを使うメリットは以下のとおりです。

  • 書類の添削や面接対策をしてくれる
  • あなたの経験や希望にあった求人を紹介してくれる
  • 勤務先の内部事情まで詳しく解説してくれる
  • 過去に転職成功した看護師の特徴を教えてくれる
  • 非公開求人がある
  • 現職が忙しいと大変な「応募先とのやり取り」をすべて代行してくれる

こうしたメリットがあることから、まずはエージェントに相談することをおすすめします。

看護師の転職におすすめの転職エージェント

看護師の求人を探すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

ここでは、「看護師への転職」と「看護師から他の職種への転職」の大きく2つの目的に合ったエージェントを紹介します。

エージェントにはそれぞれに特徴があり、強みは異なります。

自分に合いそうな転職エージェントを複数選んで、まずは無料転職相談をしてみてください。

看護師に転職したい場合におすすめのエージェント

まずは、看護師に転職したい場合におすすめの、口コミが良いエージェントについて解説します。

紹介するエージェントの中から複数社を選び、まずは無料相談をしてみてください。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、人材大手のエス・エム・エスキャリアが運営する、最大手郡の看護人材サービスです。

業界専門で豊富な知見をもったキャリアアドバイザーによって、豊富な案件の中から適切な求人を紹介してもらえます。

年間10万人以上の方が利用している安定感抜群のサービスで、全国の求人(総合病院、専門病院、クリニックといった豊富なラインナップから選べる)を揃えています。

利用者の評判は良く、まずは登録してみることをおすすめします。

無料でナース人材バンクに転職相談

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、新卒採用や転職でおなじみのマイナビ社が運営していて、4年連続で認知度No.1のサービスです。(2020.7月現在)

大手ならではの豊富な実績と求人数があり、安定感が魅力のエージェントです。

ゆえに、転職が初めての方でも使いやすく、丁寧なサポートをしてくれるので安心して利用できます。

サービスサイトは非常に見やすく、様々な特集を実施しているため、希望の求人を探しやすい仕様になっています。

医療WORKER

医療WORKER

医療WORKERは、人材紹介大手のTS工建が運営している、看護師に特化した転職エージェントです。

2015年〜2018年の楽天リサーチによると、20〜50代の看護師の転職について4年連続で支持率No.1を獲得するなど、非常に評判のエージェントです。

書類の添削や面接の同行など、サポートの充実が魅力です。

加えて、全国の求人数を豊富に用意していて、居住地を問わず相談が可能です。

看護roo!

看護roo

看護rooは、人材大手のクイック社が運営する、看護職専門の転職エージェントです。

関東、関西、名古屋に拠点があり、大都市圏での転職には便利で、公開されている求人の大部分が正看護師求人なことが魅力です。

求人数は公開求人だけで5万件を超え(2020.7月現在)、加えて非公開求人も保有していますので、選択肢を多く持てるでしょう。

また、面接同席等のサポートにも定評があり、安心して使えるエージェントです。

看護師から別業界に転職したい場合におすすめのエージェント

続いて、看護師から別業界・別職種に転職したい場合におすすめのエージェントを紹介します。

別業界に転職するということは、「未経験転職」として扱われますので、ある程度求人数を保有しているエージェントを使いたいところです。

ここでは、求人数や実績が特に豊富なエージェントを3社紹介します。

業界No.1の求人数と実績の「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、は、全国で圧倒的な実績と求人数を誇る業界No1エージェントです。

20代から50代まで幅広い年代に対応していて、全国どこの求人でも紹介可能です。

未経験職種へのチャレンジをする場合でも、安心して相談できます。

また、経験豊富なベテランキャリアアドバイザーが多数在籍していて、どんな業界や職種でも転職サポートをしてくれることが特徴です。

支援の安定感、対象の広さや実績から、未経験職種を希望している方が「まず登録する」信頼できるエージェントです。

コロナ後の世界においても、圧倒的な求人数を担保してくれているのが嬉しいポイントです。

無料でリクルートエージェントに転職相談

業界No.2でリクルートと併用したい「doda」

doda

dodaは、リクルートエージェントに続いて業界第2位の転職エージェントで、求人数と実績ともに業界トップクラスです。

リクルートエージェントと同様に幅広い年代・業界・業種に対応していると同時に、未経験職種への転職支援も強く、リクルートエージェントにはない非公開求人を多数保有しています。

そのため、リクルートエージェントと双方登録する方が多い人気のエージェントです。

リクルートエージェントと双方登録してみて、担当のキャリアアドバイザーと相性が良い方を中心に使うことをおすすめします。

無料でdodaに転職相談

サポートが充実している「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、マイナビ看護師と同様に株式会社マイナビによる転職エージェントで、20代を中心とした若手への手厚いサポートが特徴です。

採用する企業の人事等と強いパイプをもち、転職斡旋の力が強いエージェントです。

書類の作成や面接対策など、経験が弱い求職者への手厚いサポートが評判です。

無料でマイナビエージェントに転職相談

看護師向けの転職エージェントの選び方

看護師特化の転職エージェントを選ぶ際に、どのような点を意識して選ぶべきなのかを解説します。

なんとなく選んで失敗しないように、きちんとポイントを押さえておきましょう。

やりたい分野の求人数が豊富か

看護師の転職で転職エージェントを利用する際には、あなたがやりたい分野の求人数が豊富であることが重要です。

言わずもがなではありますが、求人数が多いほど、多くの選択肢の中から選択ができますので、転職が成功する可能性が高まります。

また、看護師の場合は、病院に転職したいのか、クリニックに転職したいのか、訪問介護領域に転職したいのかというように、どんな仕事がしたいのかが重要です。

エージェントによってどの領域に強い、求人数が多い等がありますので、自分がやりたい分野の求人数が多いのかどうかを確認しましょう。

希望している勤務地の求人があるか

求人数がいくら多くても、あなたが希望している勤務地の求人がない(少ない)場合は話になりません。

転職エージェントによって、全国に対応していたり東京のみに対応していたり様々です。

登録する前に、自分の希望している勤務地の求人を保有しているかを確認しておきましょう。

サポートが丁寧かどうか

転職エージェントを見極める際には、サポートが丁寧かどうかも重要です。

転職エージェントというのは、採用する病院等からお金をもらって売上を立てているビジネスであり、求職者であるあなたは無料で使えます。

故に、あなたへのサービスをどこまでやってくれるかはエージェントによって差があります。

どこまで丁寧にやってくれるかは、正直登録して面談をしてみないとわかりません。

かゆいところに手が届くサービスかどうか、まずは複数社に登録して比較検討してみましょう。

看護師の転職でエージェントを有効活用するためのポイント

看護師の転職をする際にエージェントを使う場合に、いかにして有効活用していくかのポイントを解説します。

転職エージェントというのは、なんとなく使うだけだと効果は半減してしまいます。

ポイントを押さえて活用していきましょう。

複数のエージェントに相談する

まず重要なのは、複数の転職エージェントに相談することです。

転職エージェント1社のみに相談するということは、1人のキャリアアドバイザーの意見に転職を左右されるということです。

普通に考えれば、視野が狭いと言えることがわかるのではないでしょうか。

最低でも3社ほどには相談してみて、自分との相性も含めて、信頼できるエージェントに絞っていくことをおすすめします。

担当コンサルタントと頻繁に連絡をとる

2つ目のポイントは、担当してくれているコンサルタントと頻繁に連絡をとることです。

転職エージェントのコンサルタントは、あなた以外にも同時に数十名の求職者を担当しています。

大抵の場合は、相当なマルチタスクをこなしている状況で、求職者に優先順位をつけて対応しています。

そこで、頻繁に連絡をとることで、転職意欲をアピールできたり、あなたのことをより理解してもらえたりするきっかけになります。

いかにして自分の優先度を上げてもらうかという観点で、連絡の頻度を高めることがポイントです。

自分を「商品」だと思ってアピールする

転職相談時の3つ目のポイントは、受け身の姿勢で臨むのではなく、自分を商品だと思って売り込むようにアピールすることです。

転職エージェントは、面談時に『紹介したい』と思った方を優先的に対応して病院に紹介するものです。

施設に紹介したい人材だと思ってもらえるように、人としてのマナーや礼儀はもちろんのこと、あなたの経歴や強みをきちんとアピールしましょう。

本音で話す

最後に、必ず本音で話すことが重要です。

そんなこと当たり前だと感じるかもしれませんが、意外とかっこつけてみたり、遠慮してみたり、本音で話せていない求職者が多いものです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、あなたの言葉で語られた情報をもとに、求人を紹介してくれます。

できないことをできるように見せることは簡単ですが、騙して入社しても入社後に苦労するだけです。

希望や過去の経験等を本音で話さないと、間違ったマッチングになってしまいますので注意しましょう。

看護師の転職で失敗しないためのポイント

介護職で転職する場合に、安易に転職をしてしまうと大体は失敗して後悔します。

事前に押さえておくべきポイントを解説しますので、参考にしてください。

なぜ転職するのかを明確にしておく

とにかく重要なのは、そもそもなぜ転職するのかを明確に言語化しておくことです。

この時のポイントは、なるべく未来志向でポジティブな理由を語れる状態にしておくことです。

「人間関係が悪い」「給料が低い」などなどあるかとは思いますが、過去を見たネガティブな理由になってしまっています。

転職することで「こんなことを成し遂げたい」「こんな自分になりたい」など、未来を向いた理由を深堀りしておきましょう。

自分は何ができるのかを明確にしておく

看護師の転職は、専門職であるがゆえに「即戦力」を求められるのが基本です。

つまり、今までの業務経験から「何ができるのか」を深く確認されます。

そこで、自分ができることやアピールポイントを明確に話せるようにしておくことで、面接での話がスムーズになります。

今までの職務をきちんと棚卸しし、あなたの強みを言語化しておきましょう。

転職先の環境をエージェントに細かく確認する

看護師の転職の場合は、一般企業の転職に比べて、転職先の環境面の要素が大きくなるものです。

  • 働きやすい風通しが良い環境か
  • 労働環境が劣悪でないか
  • 待遇は満足できるものか
  • 人間関係は良好か

こうした細かい情報を、転職エージェントに細かく聞くなどして確認しておきましょう。

これをしないと、転職後に大きく後悔してしまう場合が多いです。

自分に合うエージェントを見つけて転職を成功させましょう

看護師の転職におすすめの転職エージェントとその選び方、有効活用法まで解説しました。

看護師が転職する際には、エージェントを使うと便利です。

解説したポイントを押さえて、あなたに合うエージェントを見つけるためにまずは複数エージェントに相談してみましょう。

相性を見極めて、あなたの転職を成功させるために進めていきましょう。

-転職, 転職エージェント

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.