年収 転職

転職すると年収は下がる?年収を下げないための対策と転職したほうが良い場合とは

更新日:

「転職を考えているけど、転職すると年収は下がるのか?不安、、」

このような想いをおもちの方が多いのではないでしょうか。

この記事では、転職すると年収は下がるのか、どのような場合に年収が下がるのか、転職して給料が下がらないようにするための方法まで詳しく解説します。

正しい考え方を理解して、転職で失敗しないように準備していきましょう。

転職年収下がる

転職をすると年収は下がる?

「転職をすると年収は下がるのか」については、転職をする誰もが気になるところでしょう。

ここでは、転職と年収の関係と、年収が下がる場合の原因について解説します。

年齢とスキルのバランス次第

転職をして年収が下がるかどうかは、色々な要素が絡み合って決まります。

その中でも特に重要なのは、「年齢とスキルのバランス」です。

20代で転職をするのか、30代や40代で転職をするのか、年齢によって求められるスキルや経験は異なり、年収の増減も変わります。

20代であれば比較的ポテンシャルで判断してくれることも多いため、1人あたりの生産性や利益が高い企業に転職をすれば、年収が上がることがあるでしょう。

一方、30代や40代の転職ではより高度なスキルや経験を求められるため、同業界や同職種に転職をしない限り、まず年収は下がるでしょう。

各年代の転職と年収についての詳細は、以下の記事を参考にしてください。

20代の方:20代の転職で年収が下がるのは当たり前?20代の転職は目先の年収より経験!
30代の方:30代の転職は年収が下がる?年収を下げないための30代ならではのポイントとは。
40代の方:40代の転職で年収は下がる?40代のスキルなし転職は危険です

転職で年収が下がる理由

それでは、具体的にどのような転職の場合に年収が下がってしまうのでしょうか。

詳しい原因をみていきましょう。

未経験業界・職種に転職する

まず、全世代共通で多いのは、未経験の業界や職種に転職する場合です。

中途採用というのは、新卒採用と違い基本的にはスキルを評価されて入社します。

スキルが即戦力として評価されるからこそ、高い年収を提示してもらえるわけです。

未経験の業界や職種に転職するということは、即戦力としてスキルを評価できないため、当然今よりも年収が下がる可能性はあります。

他社で評価されるだけのスキルや経験がない

続いて、同じ業界や職種に転職したとしても、他社で評価されるだけのスキルや経験がない場合です。

同じ業界や職種での転職でも、高い成果を残したり高い技術力がないと他社で評価されるレベルに至らない場合があり、そうなると高い年収は望めません。

年収は、その会社の社員のレベルに対して、自分のレベルがどの程度通用するかによって大きく変わってきます。

今の会社の生産性が高い

次に、今の会社の社員1人あたりの生産性が高く、業界や職種平均よりも年収が高くなっている場合です。

生産性が高いということは、その分社員の給与への反映が多くできるため、年収が高くなる会社が多いです。

同じ業界や職種でも、会社によって年収が異なるのはそのためで、簡単にいえば利益率が高い会社の方が年収は高いわけです。

今の会社よりも生産性が低い会社に転職するとなると、年収が下がる場合が多いです。

年齢が高すぎる

最後に、40代後半や50代など、年齢が高く長期就業の観点で懸念がある場合です。

企業が高い年収を払ってでも採用するからには、長く自社で働いて欲しいと思うものです。

しかしながら、40代後半〜50代の方のようにこの先働ける時間が短いと捉えられてしまうと、よほど高いスキルがないと年収アップは難しくなります。

本当に大切なのは目先の年収?

あなたの転職において、本当に大切なものは目先の年収でしょうか?

転職と年収について、重要なポイントを解説します。

生涯年収で考える

転職時の年収を考える場合には、極力生涯年収で考えましょう。

今転職することで一時的に年収が下がったとしても、転職市場で評価されるスキルが身につき、長いスパンで見れば年収が上がることは多いです。

逆に、一時的に年収が上がったとしてもそれは会社の生産性のおかげであり、あなたにスキルがつかなければその後年収は上がりません。

目先の利益だけではなく、長期的に年収が上がっていく転職ができているのかを考えましょう。

なぜ転職をするのか

次に、『なぜ転職するのか』をとにかく深掘りして明確にしておくことが重要です。

  • 転職してどうなりたいのか
  • 転職して何を成し遂げたいのか
  • 今の会社ではダメな理由は何か

これらの基本的な問いに対して、『なぜ?』と何度も深掘りしていきましょう。

そうすることで、本当に追うべきものは目先の年収ではないことに気付いたり、転職先の選び方の軸が明確になったりします。

深い自己分析なしに目先の年収を追いかけてしまうと、多くの場合は後悔してしまいます。

許容範囲内なら幸せでは?

転職で年収が下がる場合の許容範囲を考えることも重要です。

仮に転職で年収ダウンになったとしても、許容範囲の下げ幅で転職の目的が果たされていれば、幸せを感じるはずです。

明確にした転職の目的が年収以外にあれば、下げ幅の許容範囲をきちんと設定して、1番大切な要素に目を向けてみてはいかがでしょうか。

年収を下げたくない場合のポイント

とはいえ、やはりどうしても年収を下げたくない場合もあるでしょう。

ここからは、転職をして年収を下げたくない場合に重要なポイントを解説します。
転職年収下がる20代

即戦力として評価される企業を選ぶ

最も重要なポイントは、即戦力として評価してもらえる企業を選ぶことです。

サラリーマンの年収は、あなたのもっているスキルと企業のレベルで決まります。

転職先の企業において、あなたのスキルが他の社員と比べて同等以上のレベルで、即戦力としての活躍を期待してもらえれば年収アップになりやすいです。

『自分が今までどんな仕事をしてきて、どんなスキルを保有していて転職先でどう活かせるのか。』

この観点で、自身の仕事をきちんと棚卸ししておくことが重要です。

最低希望年収を伝えておく

次に、企業に最低希望年収をきちんと伝えておくことです。

日本人は希望年収を遠慮してはっきり言わない傾向にありますが、言わなかったことで希望年収に届かないケースは多々あります。

企業としては、当然少しでも安い給料で雇いたいと考えているわけですので、希望を言わないとイメージよりも低いオファーをもらいやすいです。

希望を伝えることは悪いことではありませんし、最低希望年収を下回るようであれば縁がなかったと考えるべきでしょう。

転職エージェントを利用する

最後に、転職エージェントを利用して、年収交渉をしてもらうこともポイントです。

転職エージェントは、あなたに代わって企業とのやり取りをすべて代行してくれます。

プロの視点で、年収等の条件面の交渉までしてくれます。

ここでは、特に代表的な転職エージェントをご紹介します。

さらに詳しくチェックしたい場合は、目的別に以下の記事を参考にしてください。

20代の方 20代におすすめの転職エージェント14選!元転職エージェントが詳細を解説
30代の方 30代におすすめの転職エージェントを徹底解説!気になる年収の上げ方とは。
高卒の方 高卒こそ転職エージェントを使うべき!高卒の転職成功におすすめの転職エージェントを紹介
フリーターの方 フリーターでも転職エージェントは使える!転職成功のための厳選転職エージェントを紹介!
女性の方 女性におすすめの転職エージェントを徹底解説!女性におすすめできる転職エージェントとは。
第二新卒の方 【第二新卒必見】元転職エージェントがおすすめする第二新卒向け転職エージェント
IT業界希望の方 IT業界の転職におすすめの転職エージェントとは。エージェントの選び方と利用の注意点まで解説
一覧を見たい方 転職エージェントの一覧を目的や業界別に紹介!本当におすすめを厳選!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材最大手のリクルートが提供する転職支援サービスで、世代を問わず幅広い職種や業界に対応している転職エージェントです。

おすすめポイント

  • 業界最大手エージェントで、求人数・転職支援実績ともにNo.1
  • 業界・職種を網羅していて年齢問わずどんな求職者にも対応可能
  • ベテランキャリアアドバイザーが豊富で、プロならではの視点でアドバイスをもらえる
デメリット

  • 担当キャリアアドバイザーのレベルにムラがある
  • キャリアアドバイザー1人あたりの担当求職者数が多く、フォローが甘く感じる

アドバイザーの担当変更をすること、積極的に連絡を取って自分の優先順位を高めてもらうことで解消できるため、特に気にする必要はありません。

認知度、実績、求人数が圧倒的No.1ですので、他エージェントと併用して「まず登録」する求職者が多いです。

リクルートエージェントに無料転職相談

doda

doda

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界No.2の実績と求人数を誇るエージェントで、パーソルキャリア社が運営しています。

リクルートエージェントと特徴はほとんど変わりませんが、dodaにしかない求人も多数ありますので、リクルートエージェントと双方登録する方が多い人気のエージェントです。

おすすめポイント

  • リクルートエージェントに次ぐ業界No.2の求人数と決定実績
  • リクルートエージェントにはない非公開求人を多数保有
  • 転職サイトとしても使えると同時に、企業からスカウトも受けられる
デメリット

  • リクルートエージェントと同様に、担当キャリアアドバイザーのレベルにムラがある
  • 業界知識がやや浅い

⇒デメリットについては、やはりアドバイザーの担当変更をすることで解消できますので、特に気にしなくても良いでしょう。

リクルートエージェントと双方登録して、相性が良い方とお付き合いすることをおすすめします。

dodaに無料転職相談

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、年収600万円以上をターゲットにしている管理・専門職やミドル・ハイクラス向けの転職エージェントです。

おすすめポイント

  • キャリアアドバイザーが企業担当を兼任しており、企業に関する知識が豊富
  • ミドル、シニア層のマーケットを熟知したキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 外資系の高年収求人が豊富で英語を活かした転職に強い
デメリット

  • 未経験職種への転職やキャリアが浅い人には不向き

⇒この場合は、リクルートエージェントやdodaなどの総合型エージェントに相談しましょう。

JACリクルートメントに無料転職相談

年収が下がってでも転職したほうが良いケース

転職しても年収を下げない方法、転職と年収の考え方について解説してきました。

ここからは、年収が下がってでも転職をした方が良い場合についてご説明します。

経験・スキルを得られる

1つ目は、今の会社では得られない経験やスキルを得られる場合です。

これは、ただ新しいことをすれば良いというわけではなく、転職市場で評価されやすい経験を得られる場合だと考えてください。

今の会社よりも高いレベルの仕事ができ、かつ汎用性や希少性が高い仕事であれば、一時的に年収が下がったとしても転職して良いでしょう。

転職の目的を果たせる

次に、転職をする目的を果たせる場合、つまり転職理由に則った転職である場合です。

  • 労働環境を改善したい
  • 今よりも顧客の深い課題に提案できる仕事がしたい
  • より上流の仕事がしたい

など、転職をする目的を果たせるのであれば、年収が下がるとしてもやりがいを感じられる可能性が高く、転職するべきでしょう。

なぜならば、年収以外の目的があるからです。

将来性が期待できる

最後に、転職先の企業や業界の将来性が期待できる場合です。

今後伸びていくであろうと判断できる場合は、初期の段階でその企業にジョインしていたほうが、将来的に年収が上がりやすいです。

あくまでも予測ですので確約はできないものの、将来性が期待できると判断できれば、早い段階で転職して力をつけていくと良いでしょう。

転職時に年収が気になる場合の注意点

転職時に年収の上がり下がりがどうしても気になる場合は、以下の2点に注意しておきましょう。

家族の同意を得ておく

まず重要なのは、転職時の年収について家族の同意を得ておくことです。

よくある悲惨なパターンは、やりたいことのために転職した結果年収ダウンになり、家族から猛反対されてもめてしまうパターンです。

年収が下がることを家族に理解してもらえているか、どこまでを許容範囲としてもらえるのかは非常に重要です。

年収が気になるなら辞退してもOK

次に、転職して年収が下がることがどうしても気になるなら、安易に転職を決めずに内定を辞退しましょう。

せっかく内定をもらったのに申し訳ないと考える人も多いですが、一度きりの人生です。

安易に流されることなく、納得できないなら思い切って辞退しましょう。

妥協をするのはよくありません。

年収が下がる=失敗ではない

転職して年収が下がるのか、年収を下げたくない場合に押さえておくべきポイントについて解説しました。

転職する場合、スキルを活かせる企業に転職しないと基本的に年収は下がります。

年収を下げないことももちろん重要ですが、年収以外に転職時に重要とすることを明確にしておくことが重要です。

目先の年収のみにとらわれるのではなく、中長期的にみて自分にとってどういう転職が幸せなのか深く自己分析をしておきましょう。

転職の「成功」は人それぞれで、年収が下がる=失敗ではありません。

-年収, 転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.