教師の転職 転職

教師が転職するのに適したタイミング・時期とは。おすすめの転職相談先まで徹底解説

更新日:

教師のあなたが転職する際には、適切な時期・タイミングがあります。

何も考えずに心のままに転職をしてしまうと、現職に迷惑がかかるだけではなく、あなたのキャリアにも傷をつけかねません。

この記事では、教師が転職するのにおすすめのタイミング、押さえておくべき考え方、転職相談する相手について詳しく解説します。

ポイントを押さえてより良い転職ができるように、ぜひ参考にしてください。

教師転職タイミング

教師が転職するのに適したタイミング・時期

教師が転職する際には、適したタイミング・時期があります。

まずは、基本的な考え方について押さえていきましょう。

年度始めの4月がベスト

大原則として、教師が転職する場合には、年度始めである4月1日を基準に、3月末で退職するのがベストです。

できるだけ離職期間はなくしたほうが良いため、4月1日もしくは5月1日に次の会社に入社すると良いでしょう。

教員を辞めるのに年度途中はあり?

年度が変わるタイミングでないと退職できないかというと、厳密にはそうではありません。

年度途中での退職は不可能ではなく、例えば夏休みのタイミングや冬休みのタイミングでも可能です。

ただし、各学校や自治体によって規定はことなりますので、迷惑をかけすぎることがないように、きちんと確認しておくと良いでしょう。

民間企業への転職は若ければ若いほどベター

教師から民間企業への転職は大きなキャリアチェンジであるため、できるだけ早めに動くことがポイントです。

未経験での転職というのは、年齢を重ねるにつれて「年齢と経験のバランス」で難しくなります。

なるべく若い時期に、ポテンシャル採用・第二新卒採用という枠で転職した方が可能性は高いです。

一般的には早期離職は歓迎されませんが、明確な理由があるのであれば、教員一年目だとしても退職を検討すべきでしょう。

退職はいつ誰に伝える?

転職のタイミングを理解していただけたところで、「退職を伝えるタイミング」について解説します。

どのタイミングで誰に伝えれば良いのでしょうか。

できれば3ヶ月前の12月中に管理職に伝える

結論、教師の場合は極力退職の3ヶ月前に管理職に伝えることがベターです。

上述のように、最もおすすめなのは3月末の退職ですので、12月中に伝えられると良いでしょう。

一般企業の場合は1ヶ月前に伝えれば問題ないことが多いですが、教師の場合は人事異動や採用が独特です。

ゆえに、なるべく早めに伝えてあげた方が親切ではあります。

遅くとも1ヶ月前までには伝える

そうはいっても、そんなに早い段階から転職先を決めるのは難しいことです。

現実的には、最も遅くても1ヶ月前には伝えたいところです。

教師の世界では1ヶ月前の申し出だと相当遅いと思われるリスクが高いですが、最悪の最悪で1ヶ月前くらいの認識をもっておきましょう。

明確な規定は各都道府県・私立学校によって異なる

できれば3ヶ月前、最悪1ヶ月前には退職を管理職に申し出ましょうと解説しました。

これは一般論であって、実際には各都道府県や私立学校によって規定が異なります。

自身が所属する学校の規定を調べて対応することをおすすめします。

ただし、規則はあってないようなもので、実質は規定よりも早く伝えないといけないことが多いのがやっかいなところです。

立つ鳥跡を濁さず退職するためには、実際のところの温度感を確かめて行動したり、なるべく早く伝えたりする必要があります。

教員からの転職で後悔しないためのポイント

ここからは、教師であるあなたが転職で失敗しないために重要なポイントを解説します。

正しい考え方で進めないと、かなりの確率で後悔してしまいますので、大原則を押さえてから行動してください。

教師転職理由

「なぜ転職するのか」を明確にする

最も重要なのは、なぜ転職するのかを明確にして言語化し、他者に納得してもらえるレベルに落とし込んでおくことです。

この「転職理由」について、勘違いしやすい内容も含めて詳しく解説します。

教員によくある「退職理由」

そもそも、「退職理由」と「転職理由」は違います。

みなさんが転職理由だと考えているものの多くは、実は退職理由です。

教員を辞めたいと思う人の退職理由は、以下のようなものがあります。

  • モンスターペアレントの対応がしんどい
  • 土日の部活、平日遅い時間までの教材研究で、プライベートの時間がとれない
  • 生徒との信頼関係がうまく築けない
  • 教師間のコミュニケーションが難しい、面倒

これらは、「転職を考えたきっかけ」であって、過去を向いたネガティブな感情であることがわかるでしょう。

教師が転職を考える際には、過去を向いた退職理由ではなく、未来を向いたポジティブな転職理由を考えることが重要です。

大切なのは「どうなりたくて何がしたいか」

転職理由を考える際に重要なのは、以下のような観点です。

  • 転職をすることでどうなりたいのか
  • 転職先の企業を手段として何をしたいのか
  • 転職して世の中に何をもたらしたいのか

このように、未来に対する思考で、「転職をすることで何を実現したいのか」という考え方から導き出すものが転職理由です。

「営業力を身につけたい」、「Web広告という手段を用いて◯◯を広められるようになりたい」など、未来志向で更に深堀りして明確にしておくことが重要です。

教員を退職したその後で多いのは?

転職理由を考えようとはいっても、なかなか思いつかない方も多いでしょう。

これは、「職種を知らない」ことによる場合が多いです。

就職活動をしていないことが多い教師の方は、世の中の仕事にどのようなものがあるのか理解が乏しいことでしょう。

そこで、教師をやめた方のその後について、一部の例を紹介します。

参考に、ぜひ職種を調べてみてください。

  • 各種営業職
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザー、法人営業担当
  • 事務職
  • 販売、接客職
  • 塾教師、家庭教師
  • 教科書出版社の編集

1人で難しければ転職のプロに相談する

転職理由を明確にすることも重要ですが、そうはいっても1人では職種を決められない方が多いでしょう。

そのような場合には、転職のプロである転職エージェントに相談することをおすすめします。

ここでは、教師の皆さんにおすすめの転職エージェントを紹介しますので、複数社を選んで相談してみてください。

転職エージェントについて理解でいていない方は、まずは以下の記事を読んでからエージェントを選びましょう。

転職エージェントとは。転職初心者にもわかるレベルで徹底解説。面談の費用は?

業界No.1の「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、実績と求人数ともに業界No1の転職エージェントで、圧倒的な人気を誇るエージェントです。

教師のようにビジネス経験がなかったり少なかったりする方向けの求人を数多く揃えており、ビジネス未経験でも安心して利用できることが特徴です。

また、経験豊富で各業界を知り尽くすベテランのキャリアアドバイザーが多く在籍し、プロならではのアドバイスをもらえます。

教師経験のみの方を支援した実績が豊富にあるため、転職成功のポイントまできちんと伝えてくれます。

全国の求人を揃えていて、どの拠点で相談をしても全国どこの求人にも応募可能です。

「まず登録」する方が最も多いエージェントで、まずは無料相談をしてみることをおすすめします。

無料でリクルートエージェントに転職相談

業界No.2の「doda」

doda

dodaは、リクルートエージェントに続いて業界No.2の実績と求人数を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントと同様に、どの年代・職種にも対応しているなど特徴はほとんど変わらず、未経験者向けの求人を数多く揃えているので安心して利用できます。

特徴がほとんど変わらないとはいえ、リクルートエージェントが保有していない求人があるため、リクルートと併用することが基本です。

キャリアアドバイザーは比較的対応が丁寧と言われていて、教師のような一般企業未経験者には嬉しいエージェントです。

転職が成功するかどうかは、担当のキャリアアドバイザーとの相性に大きく左右されますので、リクルートエージェントと双方登録してみて自分に合うエージェントを選びましょう。

無料でdodaに転職相談

20代の転職支援に強い「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒採用で有名な「マイナビ」や、転職サイトの「マイナビ転職」を手掛ける株式会社マイナビが運営しているエージェントです。

20代を中心とした若手への手厚いサポートが特徴で、20代の転職支援に強みをもっています。

企業の情報を豊富にもっていて、採用する企業の人事等と強いパイプがあることから、転職斡旋の力が強いエージェントです。

教師から民間に転職する20代で、色々と不安が多い方には丁寧にアドバイスをしてくれるでしょう。

無料でマイナビエージェントに転職相談

サポートが手厚い「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは、第二新卒・20代・30代と幅広い求職者に対応していて、転職サポートが手厚いことが評判です。

パソナキャリアは、書類や面接の対策まで手厚くサポートしてくれるので、教師経験のみで民間企業に初めて転職する場合に不安なことが多くても安心して利用できます。

どんな業界・職種でも対応可能なエージェントで、未経験対応求人も数多く揃えています。

無料でパソナキャリアに転職相談

転職サイトで情報収集する

転職エージェントと併せて、転職サイトに登録しておくと便利です。

転職サイトは、転職エージェントのようにアドバイザーはつかないものの、自由に求人を探したり転職に関する情報収集をしたりできて便利です。

リクナビNEXT

教員におすすめの転職サイト「リクナビNEXT」は、日本最大の転職サイトで、リクルートエージェントを運営するリクルートが運営しています。

求人数は圧倒的で、求人を探す場合は非常に便利です。

また、登録をしておくと企業から直接スカウトを受けることもできるので(スカウトを受けることに同意する必要あり)、思わぬ出会いがあるでしょう。

エージェントを使うとしても、リクナビNEXTは併用しておくことをおすすめします。

無料でリクナビNEXTに登録

退職を伝える前に転職活動する

最後に、学校に退職を伝える前に転職活動をすることが重要です。

転職活動をする基本中の基本は、内定が出てから辞めることを伝えることです。

辞めることが決まっている状態での転職活動は、必要以上に焦りを生みます。

また、転職先が決まらずに無職になるリスクがあるのと同時に、転職活動をした結果認識のズレに気づいた場合に現職に戻れなくなってしまいます。

冷静かつ正しい判断をするためにも、退職を伝えるのは内定が出てからにしてください。

とはいえ、企業は内定から入社まで長くても3〜4ヶ月しか待ってくれないことが多いです。

よって、教師の場合は11月中旬から選考を始めて、12月中に内定を勝ち取って退職を伝えるスケジュールが理想です。

適切なタイミングで転職活動をしましょう

教師が転職するのに適切なタイミング・時期を解説しました。

一般企業と違って、年間を通じて自由に転職するのが難しい教師だからこそ、押さえておくべきポイントがあります。

極力3月末退職の4月頭入社にしたいため、そこから逆算したスケジュールを立てましょう。

退職が決まってからの転職活動、退職後の転職活動は危険なため、くれぐれも現職在職中に転職活動するようにしてください。

-教師の転職, 転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.