転職 転職エージェント

転職エージェントがうざい/ムカつく/合わないと感じた時の対処法。なぜうざいのか裏事情を解説。

更新日:

勇気を振り絞って転職活動を始め、転職エージェントに相談したは良いものの、

「転職エージェントからの電話がうざい」「転職エージェントからのメールがしつこい」「対応がムカつく」

など、思ってもいなかった悩みに苦しまれている方が多いのではないでしょうか。

この記事では、転職エージェントがうざいと感じた時の対処法を詳しく解説します。

なぜうざくなるのか、転職エージェントの裏事情まで解説しますので、参考にして少しでもストレスを解消してください。

とにかく早く他のエージェントに変えたいという方は、こちらを御覧ください。

転職エージェントうざい

転職エージェントをうざいと思っている人は目立つ

口コミ等をみていると、転職エージェントをうざいと思っている人が多くいるようです。

エージェントの電話うざい
どこかのサイトに付随して登録しちゃったんだろうけどしつこすぎ
2019年6月28日

なーんにも相手方にプッシュしてくれてないのに、今になってやたらと連絡してくるエージェント、うざい。もう自分でやるからよい。
2019年5月8日

エージェントが成約に結びつきそうなほうへ誘導してるのがバレバレでうざい^^
2019年4月17日

このように、ネットの口コミをみると、転職エージェントをうざいといっているものが目立ちます。
特に、転職エージェントのメールをうざいと感じているなど、連絡のしつこさを感じているようです。

ムカつく転職エージェントの特徴

それほどまでにうざい・ムカつくと思われている転職エージェントの特徴は、以下のとおりです。

  • 上から目線で態度が横柄
  • 都合の良いことしか言わない
  • 電話やメールがしつこく、自分のペースで仕事をしている
  • 入社意思決定をしつこくプッシュしてくる
  • 人のせいにする
  • 業界や職種の知識がないのに偉そう
  • 正論ばかりで気持ちに寄り添ってくれない
  • 希望を無視して求人を送ってくる

以上のように、総じて「自分都合で上から目線」という特徴があります。

こんな転職エージェントに出会ったら、それはイライラして、信用できないと思ってしまいますよね。

参考:転職エージェントは信用できない?信用できないエージェントの9つの特徴と対処法とは。

なぜうざいエージェントが出てきてしまうのか

それでは、なぜうざいと思われるような転職エージェントが出てきてしまうのでしょうか。

転職エージェントへの就職を志す人は、「求職者に寄り添いたい」「求職者がより良い仕事を見つけられるように、貢献したい」など、人への想いを強くもっている人が多いはずです。

それでも求職者に悪い印象をもたれてしまう原因、転職エージェントの裏事情をみていきましょう。

参考:転職エージェントの裏事情と本音とは。裏事情を理解して有利に転職を進めるコツを解説。

転職エージェントのビジネスモデルの問題

転職エージェントは、ボランティアではなくビジネスです。

転職エージェントのビジネスモデルは、求職者と無料で面談をし、求人を出している企業に紹介し、企業が採用した場合に「企業から」紹介料をもらうという仕組みです。

つまり、求職者からは一切のお金をもらわないモデルです。

そのため、求職者も企業もお客様ではあるものの、お金をもらう企業の意向が若干強くなりがちなのが正直なところです。

こうしたビジネスモデルのため、どうしても求職者への圧が強くなりやすいため、「うざい」と感じてしまう方が出てきてしまいます。

転職エージェントのビジネスモデルについて、詳しく知りたい方は、転職エージェントとは。転職初心者にもわかるレベルで徹底解説。面談の費用は?を御覧ください。

キャリアアドバイザーに課されている目標

うざいと感じる要因の2つ目は、キャリアアドバイザーに課される高い目標です。

転職エージェントはビジネスですので、売上をあげなければいけません。売上をあげていくために、キャリアアドバイザーに高い目標を課すのがエージェントの通例です。

何人決めたのかを目標にする企業もあれば、紹介料の金額を目標にする企業もありますが、いずれにしても採用を決定しないと目標達成はできないわけです。

転職エージェントの裏事情をお伝えすると、数字を達成するために、企業への応募数や、面接実施数などをKPIとして置かれているため、どうしても求職者に対する圧が強くなりがちです。

転職エージェントが、急かすような態度になるのはそのためです。

なんとか自分が担当している企業に決めようと、連絡がしつこくなったり、圧が強くなったりするのです。

参考:転職エージェントが急かす理由は?元転職エージェントが対処法まで徹底解説!

そもそもキャリアアドバイザーのスキル不足

うざいと感じる要因3つ目は、キャリアアドバイザーの経験が浅く、スキル不足であることです。

キャリアアドバイザーは、多くの経験を積むほど、求職者の満足度が上がりやすく、優秀なキャリアアドバイザーであれば、ストレスなく転職までできるものです。

転職エージェントすべてが悪いわけではなく、きちんとした優秀なベテランキャリアアドバイザーであれば、信用できないと思うことなく利用できるのです。

つまり、大切なのは、キャリアアドバイザーと自分との相性です。

転職エージェントに見捨てられるのはなぜ?

転職エージェントと面談をしたものの、その後見捨てられるという感覚を覚える場合もあるでしょう。

この時、考えられる理由は、大きく以下の2つです。

  • 今までの経験、スキルが弱く、入社できる企業が少ないため優先順位を下げられている
  • 態度が悪い、扱いづらいなどの印象をもたれ、なるべく関わらないようにしようと思われている

転職エージェントはビジネスですので、本音は、優秀な方(内定が多く出る方)をより高い年収の企業に決定したいと考えます。

1人のキャリアアドバイザーが担当できる人数には限りがありますので、当然優先順位をつけます。

求職者の今までのキャリアや面談時の態度等によっては、優先順位を下げられて、見捨てられたと感じることもあるでしょう。

参考:転職エージェントに見捨てられるのはなぜ?連絡がこない原因と対策まで徹底解説!

転職エージェントが合わない・見捨てられる場合の対処法

ここからは、転職エージェントがうざいと感じ、合わない場合や見捨てられる場合の対処法について解説していきます。
必要以上にストレスを感じることがないよう、対策方法をきちんと学んでおきましょう。

して欲しいこととして欲しくないことをはっきり伝える

1つ目の対処法は、はっきりと自分の意思を伝えるということです。

自分がして欲しいことと、して欲しくない事を伝えることでキャリアアドバイザーとの距離感を保つことができます。

特に、嫌なことをきちんと伝えないと、いつまでもその関係性が続いてしまいますので、遠慮せずにはっきりと伝えることをオススメします。

担当変更を依頼する

2つ目の対処法は、担当を変えてもらうことです。

実は、キャリアアドバイザーの担当変更は、エージェント全体でみればよくあることです。

自分と合わないなと感じたら、遠慮せずに担当変更を依頼しましょう。

担当変更の方法は、大きく3つです。

  1. 代表電話にかけて、担当のキャリアアドバイザー以外の人に、担当変更の依頼をする
  2. 担当のキャリアアドバイザーに、メールもしくは電話で直接担当変更を依頼する
  3. 管理画面から担当変更依頼をする(ボタンを押すなど)

うざいと思っているものの、お世話になった方だし言いづらいという場合は、直接伝えなくても担当変更は可能ですので安心してください。

担当変更の仕方など、詳細が知りたい方は、転職エージェントの担当変更は遠慮なくできる!担当変更時の注意点と伝え方まで徹底解説を参考にしてください。

他のエージェントに変える

3つ目の対処法は、他のエージェントを利用することです。

今利用している転職エージェントが合わない思えば、別のエージェントに変えても問題ありません。

他のエージェントも試してみて、自分との相性を確かめるのが良いでしょう。

ただし、1人のキャリアアドバイザーと相性が悪いからといって、そのエージェント全てが悪いわけではありません。

今使っているエージェントをやめてしまうのではなく、担当変更と新しいエージェントへの登録を平行して進めることがオススメです。

20代の方 20代におすすめの転職エージェント14選!転職する際のポイントまで徹底解説
30代の方 30代におすすめの転職エージェントを徹底解説!気になる年収の上げ方とは。
高卒の方 【高卒必見】高卒転職におすすめのエージェント6選!エージェントの選び方まで解説
フリーターの方 【厳選】フリーターにおすすめの転職エージェント7選!転職成功のポイントまで
女性の方 女性におすすめの転職エージェントを徹底解説!女性ならではの悩みに寄り添うエージェント
第二新卒の方 【第二新卒必見】元転職エージェントがおすすめする第二新卒向け転職エージェント
IT業界希望の方 IT業界の転職におすすめの転職エージェントとは。エージェントの選び方と利用の注意点まで解説
一覧を見たい方 転職エージェントの一覧を目的や業界別に紹介!本当におすすめを厳選!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒採用の「マイナビ」や転職サイトの「マイナビ転職」を運営する株式会社マイナビによる転職エージェントで、20代を中心とした若手への手厚いサポートが特徴です。

採用する企業の人事等と強いパイプをもち、転職斡旋の力が強いエージェントです。

丁寧なサポートに定評があり、乗り換え先としては最適なエージェントでしょう。

無料でマイナビエージェントに転職相談

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、第二新卒・20代・30代と幅広い求職者に対応していて、転職サポートが手厚いことが評判のエージェントです。

書類や面接の対策まで手厚くサポートしてくれるので、初めての転職で不安が大きい方でも安心です。

どんな業界・職種でも対応可能なエージェントですが、IT・通信・インターネット業界、メーカー(機械・電気・電子)や、営業・事務職を特に得意としていることが特徴です。

無料でパソナキャリアに転職相談

リクルートエージェント

リクルートエージェントトは、業界No1の実績と求人数を誇る転職エージェントです。

全国に拠点をもち、全国各地の求人を保有していて、20代から50代まで業界や業種を問わずに対応できるエージェントです。

コロナウイルスの影響が出始めた後の世界においても、求人数は相変わらず担保していて、まず相談してみることをおすすめします。

無料でリクルートエージェントに転職相談

有料転職サービスに変更する

4つ目の対処法は、転職支援サービスに変更することです。

転職支援サービスは転職エージェントとは違い、企業から直接スカウトを受けられたり、求人を紹介されないキャリア相談をすることにお金をかけるサービスです。

代表的なのは、スカウトを受けられるビズリーチや、キャリア相談ができるゲキサポ!転職です。

ビズリーチは、会員登録をすることで企業やヘッドハンターからスカウトを受けることができます。

また、ゲキサポは、2ヶ月集中講座でキャリア相談のプロに相談ができ、転職エージェントの使い方や求人の選び方、面接対策を含め中長期的な視点でキャリアのアドバイスを受けられます。

転職エージェントがうざいと感じたときには、別のエージェントを選ぶ以外に、このような転職支援サービスを選ぶ方法もあります。

有料プランの他に、まずは無料で使えるプランがありますので試してみても良いでしょう。

参考記事:転職支援サービス「ゲキサポ!転職」とは。サービス内容と口コミ・評判まで解説。
有料の転職エージェントは存在する?転職支援サービスは有料と無料どちらにすべきか解説!

うざいと思ったら適切な対応をしましょう

ここまで、うざい転職エージェントの特徴とその原因、対処法について解説してきました。

自分の担当のキャリアアドバイザーと合わないと感じているにもかかわらず、そのまま関係を続けてしまうことは非常にストレスです。

適切な対処法を理解し、気持ちよく転職活動ができるように、進めていきましょう。

-転職, 転職エージェント

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.