転職 転職エージェント

IT業界の転職におすすめの転職エージェントとは。エージェントの選び方と利用の注意点まで解説

更新日:

IT業界での転職を考えているあなたは、「IT業界で転職をしたいけど、どの転職エージェントであれば業界に詳しくて丁寧にアドバイスをしてくれるのだろう?」と不安な想いをおもちではないでしょうか?

IT業界の転職では、より良い転職エージェントの協力を得ることが非常に重要で、転職成功に大きく関わります。

この記事では、IT業界の転職におすすめの転職エージェントを、目的別に紹介します。

転職エージェントの選び方、利用時の注意点まで解説しますので、最後まできちんと理解してより良い転職ができるようにしていきましょう。

転職エージェントIT

IT業界で転職する方におすすめの転職エージェント

IT業界での転職におすすめの転職エージェントを、ニーズ別にご紹介します。自分に合った転職エージェントを複数みつけて、転職を成功できるように進めていきましょう。

まずはここに登録!IT業界で転職する方全てにおすすめの転職エージェント

現在の職種や業種、希望の職種に関わらず、IT業界を目指すすべての方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

「まずはここに登録!」と言える転職エージェントですので、きちんろチェックしておきましょう。

GEEKLY

GEEKLYは、IT・WEB・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。職種を問わず、幅広い求人を揃えていて、急成長している転職エージェントです。

おすすめポイント

  • キャリアアドバイザーが求人について熟知しており、提案力が高い
  • 過去の転職支援実績を活かした高いマッチング制度
  • 非公開求人が約10,000件(2019年12月時点)

GEEKLYに無料転職相談する

ワークポート

ワークポート

ワークポートは、長年IT業界に特化した転職エージェントとして事業展開したあと、現在はIT業界以外も取り扱っている総合型の転職エージェントです。

おすすめポイント

  • IT業界での幅広い職種について転職支援実績が豊富
  • 転職活動の状況を一括管理できる「eコンシェル」という仕組みを利用できる

無料でワークポートに転職相談

エンジニアの転職におすすめの転職エージェント

続いて、エンジニアの方の転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア2021

レバテックキャリアは、IT/Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービスです。

おすすめポイント

  • 技術の知識が豊富なキャリアアドバイザーが担当
  • 強み発見テクニカルヒアリングによる高い内定率
  • 書類の添削と面接対策が充実

レバテックキャリアへの無料転職相談はこちら

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTは、大手総合人材会社のマイナビが運営する、IT業界に特化した転職エージェントです。

大手エージェントのマイナビが運営しているだけあって、質の高いマッチング力が魅力です。

おすすめポイント

  • 20代のIT業界転職に強い
  • IT業界、エンジニアに精通したキャリアアドバイザーが担当
  • 求人の約8割が非公開求人

無料でマイナビIT AGENTに転職相談する

クリエイターにおすすめの転職エージェント

続いて、クリエイターの方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、マイナビエージェント×ITと同様に、人材大手のマイナビが運営する転職エージェントです。

WEB・ゲーム業界に特化し、WEBディレクターやWEBデザイナー、ゲームプロデューサーやゲームプログラマーなど、クリエイター求人を豊富に揃えています。

おすすめポイント

  • WEB、ゲーム業界のクリエイター求人に特化
  • WEB、ゲーム業界に精通したキャリアアドバイザーが担当
  • 業界トップクラスの求人の中から量より質でマッチング

【マイナビクリエイター】

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、レバテックキャリアと同様に、レバレジーズが運営する、フリーランスのWebエンジニアやデザイナー向けの求人を扱っているエージェントです。

おすすめポイント

  • フリーランス向けのエンジニア、クリエイター双方の求人を豊富に
  • 技術に詳しいテクニカルカウンセラーが担当

フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

IT業界で転職するための転職エージェントの選び方

IT業界転職に適した転職エージェントを選ぶ際には、大きく以下の2つのポイントを押さえましょう。

  • 業界・技術に詳しいか
  • キャリアアップを見据えた提案をしてくれるか

特に重要なのが、ITやWEB、ゲーム業界に詳しく、エンジニア等の独特な技術に詳しいかです。

IT業界の技術は、日々新しいものが生まれ、動きが非常に早いです。

その中で、最新の技術についても詳しいキャリアアドバイザーがいるかどうかを見極める必要があります。
技術だけではなく、業界についての知識も同様です。

また、ただのスキルマッチングではなく、中長期的なキャリアを見据えて、求人を提案してくれるかも重要です。

IT業界は、エンジニアやデザイナーを中心に求人倍率が高く、「応募すればどこかには決まる」状態です。
それが故に、「内定確率が高い求人」の提案になりがちです。

そうではなく、中長期的にキャリアアップしていくという視点で提案してくれるキャリアアドバイザーを選ぶことが重要です。

転職エージェントを利用する際の注意点

ここからは、転職エージェントを利用する際の注意点、ポイントを解説します。

転職エージェントは、ただ登録すれば良いわけではありませんので、きちんと理解しておきましょう。

複数のエージェントを利用する

まず1つ目の注意点は、転職エージェントは1つではなく複数利用することです。

複数利用することで、複数の視点からアドバイスを聞けるため、より正確な転職に繋がります。

また、全てのエージェントが、同じ求人を保有しているわけではないので、複数エージェントに登録すればするほど、多くの求人に出会えます。

1つのエージェントを信じて視野を狭めることなく、2〜3社の転職エージェントに相談してアドバイスをもらいましょう。

参考:転職エージェントは複数掛け持ちすべき?複数利用時の注意点まで徹底解説!

受け身ではなく積極的にエージェントに連絡をとる

2つ目の注意点は、受け身で転職エージェントに任せるのではなく、あなたから積極的に要望を出したり連絡を取ったりすることです。

キャリアアドバイザーは、1人あたり50名から100名の求職者を担当することが多いです。

よって、当然優先順位をつけて求職者に対応します。

当然、受け身になっている人の優先度は上がりづらく、積極的にコミュニケーションをとり、転職意欲の高さが伝わる求職者を優先して対応するものです。

「待ってれば転職エージェントが何かしてくれる」という考えは捨て、自ら積極的に働きかけましょう。

キャリアアドバイザーが合わなければ担当変更する

3つ目の注意点は、キャリアアドバイザーが合わなかったり、対応がイマイチな場合は、遠慮なく担当変更を依頼することです。

転職が成功するか否かは、はっきり言うとキャリアアドバイザーの質に左右されます。

ここまでご紹介してきた優良転職エージェントに登録しても、結局優秀なキャリアアドバイザーに出会えないと、転職はうまくいきません。

転職エージェントにおいては、担当変更は日常的におこることなので、遠慮せずに担当変更依頼を出して構いません。

ただし、なぜ担当変更をするのか明確に理由を伝えること、自分の勝手な感情で担当変更しないことには注意しましょう。

転職エージェントの担当変更は遠慮なくできる!担当変更時の注意点と伝え方まで徹底解説

転職エージェントを有効活用してIT業界の転職を成功させましょう

IT業界の転職におすすめの転職エージェントをご紹介しました。

自分が今どんな仕事をしていて、今後どんな仕事をしていきたいかによって、選ぶべきエージェントは異なります。転職の目的に応じて転職エージェントを複数選び、複数の視点でアドバイスをもらいましょう。

正しく転職エージェントを活用して、より良い転職を実現させましょう。

-転職, 転職エージェント

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.