転職

転職面接時の服装の基本とは。男女別のポイントも解説。

投稿日:

初めての転職活動で、中途採用面接での服装に悩む方は多いのではないでしょうか。この記事では、企業が求める服装とそのポイントについて詳しく解説します。服装1つですが、ふさわしくない服装で臨んでしまうと、マイナスな印象をもたれてしまいます。きちんと学んで、より良い結果が得られるようにしていきましょう。

転職面接時の服装の基本とは

転職面接において、服装は第一印象に大きく影響を与えます。マイナスな印象を与えないように、服装の基本を押さえておきましょう。

服装を選ぶ最重要基準とは

転職面接の服装を選ぶ際は、事前の企業からの指示が最も重要です。

転職エージェントを利用していても、企業に直接応募していても、事前の連絡に「当日の服装」が記載されていることがほとんどです。スーツが必須な会社は、必ずその旨を連絡してきますし、私服が必須な会社も同様です。

指示があった場合は指示通りの服装にする。これが基本です。

基本はスーツ

指示通りが大原則とはいえ、指示がない場合も当然あります。そうした場合は、スーツで面接に臨むのが基本です。ここでは、転職面接におけるスーツ選びのポイントをみていきましょう。

リクルートスーツはOK?

転職面接においては、リクルートスーツは原則NGです。

転職面接は、社会人としての経験とスキルを見る場ですので、新卒の就活時に着るリクルートスーツは不向きです。ただし、第2新卒などでまだ社会人経験が浅く、スーツを着ない職種の場合は、致し方ないでしょう。

【男女共通】スーツスタイルのポイント

男女問わず、スーツを選ぶ際に重要なポイントがあります。

  • 清潔感があるものを選ぶ
  • サイズが身体に合ったものを選ぶ
  • 派手な色は選ばず、ネイビーorグレーが基本

大原則は、清潔感があるスーツを選ぶことです。柄やストライプが強いスーツは、清潔感を感じづらいです。無地のスーツを基本として、シャドウストライプやピンストライプと言われる、爽やかさを感じやすいスーツを選びましょう。

スーツ選びには、サイズが合っているかも非常に重要なポイントです。ダボダボであったり、ピチピチであったりするスーツは、仕事ができる感じを受けにくいものです。自分の身体に合ったスーツで、ネイビーかグレーのスーツを選ぶことが無難です。

【男性版】スーツスタイルのポイント

  • 2つボタンは上のボタン、3つボタンは真ん中のボタンを留める
  • シャツは白or薄い青が基本
  • ボタンダウンのシャツは避ける
  • 靴下は黒orスーツと同色の無地
  • ネクタイは無地orストライプor小紋で抑えめ

転職面接時の男性の服装は、上記の基本に忠実にスーツスタイルを選ぶことが無難です。変なところで目立ってしまうと、ビジネスパーソンとしての常識を疑われてしまうので、注意しましょう。

【女性版】スーツスタイルのポイント

  • ジャケットを着用する
  • インナーは白や淡い色のシャツ・ブラウス・カットソー
  • スカートスーツ・パンツスーツは双方可
  • ネイルは目立たない程度に
  • アクセサリー類はシンプルに

転職面接時の女性の服装は、30代・40代・50代と年齢を問わず、ジャケットを着用するのが基本です。

全体的に、目立ちすぎないというのがマナーで、インナーを含めて落ち着いた雰囲気で臨むことが無難です。女性ならではのネイルやアクセサリーは、相手によっては不快な印象を与えてしまいます。目立たないように抑えて臨みましょう。

スーツがない場合はどうする?

現在の仕事によっては、面接に適したスーツをもっていないという方もいるでしょう。
スーツをもっていない場合は、

  1. 新しく購入する
  2. 最もフォーマルな服装で臨む

この2つしかありません。

時間とお金に余裕がある場合は、圧倒的に購入することをおすすめします。社会人として、1着くらいはどんな時にも使えるスーツは持っておきましょう。

指定がない場合はセンスを問われていると考える

転職面接の服装において、最も困るのが「指定なし」「自由」ではないでしょうか。スーツが無難と解説しましたが、少し踏み込んで考えることもできます。

面接での「服装自由」は何を見られてる?

困ってしまう「指定なし」や「服装自由」の場合ですが、企業の意図として大きく2つが考えられます。

  1. 候補者への単なる配慮
  2. センスとマナーをチェックしている

1つ目は、ただ候補者に気遣いをしていて、ラフな格好で良いですよというパターンです。比較的若い会社に多いです。

しかし、企業の意図はわからないものなので、センスとマナーを見られていると考えた方が無難です。TPOに合わせた服装ができるかどうか、社会人としてのスキルを見られていると考えましょう。

業界・職種別のおすすめな服装

それでは、TPOに合わせた服装とはどういうことなのかを見ていきましょう。

  • アパレルやクリエイティブ系
  • ファッションのセンスを見られている。相手を不快にさせない程度に個性を出す。アパレル業界の場合は、ブランドイメージに即した服装。転職面接に私服で来るようにオファーがあることが多い。

  • 銀行/公的機関/ホテル
  • とにかく固く。スーツは無地で白シャツ。ネクタイは主張しない程度。スーツやシャツのしわ、ネクタイの緩みにも気を遣う。

  • 法人向け営業職
  • スーツは必須。派手すぎないスーツとシャツ。鞄や革靴等細部まで気を遣う。

このように、相手によって服装を選ぶ力は重要です。業界や職種によって慣習が異なります。志望する業界について、事前にイメージを掴んだ上で面接に臨みましょう。

季節での服装のルールは?

夏の転職面接時の服装

  • 原則ジャケット着用
  • 半袖シャツやポロシャツは控える
  • ノーネクタイは企業の指示を仰ぐ
  • 女性のスカート時のストッキングは必須
  • ハンカチ持参で汗をふく

冬の転職面接時の服装

  • 黒orネイビーの無地コート
  • 建物に入ったらマフラー、コートは脱ぐ
  • ジャケットの裾が見えない長さのコート
  • 女性のブーツは控える

TPOに適した服装で面接に臨みましょう

転職面接時の服装のポイントについて解説してきました。

大原則は、TPOに合わせることで、企業が求めている服装を察して臨むことです。自信がない場合は、無地のネイビーorグレーのスーツと白いシャツで臨みましょう。

中途採用面接の服装は、大きく好印象になることはありませんが、大きくマイナスな印象になり得ます。相手に不快な思いを与えないよう、事前にきちんと準備をしておきましょう。

-転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.