用語解説 転職

中途採用とは。高卒/フリーター/既卒は中途採用になる?

投稿日:

中途採用とは

中途採用とは、企業が、新規卒業者(新卒)以外の既に就業経験がある者を採用することをいいます。簡単に言うと新卒以外の採用のことで、高卒・専門卒・大卒を問わず、フリーターであっても既に就業経験がある者を採用する場合は、中途採用にあたります。

中途採用は、原則不定期・通年で行われます。企業によっては、年間の中途採用計画を基に採用活動をしています。企業・職種によって、経験者のみに絞っていたり、未経験でも採用の対象になっていたり様々です。

企業はなぜ中途採用をする?

企業が中途採用をする理由は大きく2つです。

  1. 事業の拡大に対して人が足らず、成長のために戦力を増やしたい(増員)
  2. 退職者が出たことで人が足らず、穴埋めをしたい(欠員補充)

増員については、企業毎の事業計画によって、下記のように中身は様々です。

  • 営業を強化して売上を伸ばしたい→営業を採用して営業チームを増やしたい
  • マーケティングを強化して売上を伸ばしたい→マーケターを採用したい
  • 新規事業を作りたく、事業責任者が必要→新規事業立ち上げ経験がある人を責任者として採用したい
  • 成果が出せるチーム作りをしたい→マネジメントスキルが高い人を採用したい

中途採用のメリット

求職者のメリット
  • 経験が生きる会社に転職できる
  • 時期を問わず、年間を通じて転職する可能性がある
  • 給料をあげられる可能性がある
企業のメリット
  • 即戦力が期待できる
  • ビジネスパーソンとしての基礎が備わっているため、教育に対するコストを削減できる
  • 自社以外の経験をしているため、新しい知識や経験を吸収できる

中途採用のデメリット

求職者のデメリット
  • 転職した結果、社風に馴染めない・仕事が合わない等のリスクがある
  • 給料が下がる可能性がある
企業のデメリット
  • 今までの経験に固執されて、組織に馴染まない可能性がある
  • 採用に大きなコストがかかる(エージェント等を使用する場合)
  • 自社に留まらず、再度転職する可能性がある

求職者からみる中途採用の流れ

中途採用は、求職者視点で以下の流れで行われます。

  1. 履歴書・職務経歴書を準備する
  2. 転職エージェントに相談する(なくても可)
  3. 企業の求人にエントリーする
  4. 書類選考
  5. 合格の場合、面接を受ける(2〜3回)
  6. 内定
  7. 現職への退職交渉
  8. 退職・入社

企業からみる中途採用の流れ

中途採用は、企業視点で以下の流れで行われます。

  1. 採用計画を立てる
  2. 採用ターゲットを決める
  3. 転職エージェントや求人媒体に求人を出して、母集団を形成する
  4. 書類選考
  5. 面接(2〜3回)
  6. 内定通知書を発行する(採用条件を決める)
  7. 必要に応じて口説きの面談
  8. 受け入れの準備

-用語解説, 転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.