教師の転職 転職

教師の転職は難しいって本当?難しいと言われる原因と対策を徹底解説!

更新日:

「教師の転職は難しいの?」

教師として転職を考えているあなたは、このような不安をおもちではないでしょうか。

教師の転職が難しいと言われるのには理由があり、見方によっては正しいです。

しかし一方で、自分次第でうまくいくという側面もあります。

この記事では、教師の転職が難しいといわれる原因と、その対策について詳しく解説します。

教員の転職は難しいと諦めてしまうのではなく、「自分ならでは」の強みを探せるように是非参考にしてください。

教師転職難しい

教師の転職が難しい理由

教師の転職が難しい、元教員は使えないと言われがちなのには理由があります。

果たして本当にそうなのか、まずは考えられている理由を大きく5つ解説します。

ビジネス経験がない(お金を生み出した経験がない)

1つ目は、最も言われるであろう『ビジネス経験がないこと』です。

教師はお金を生み出すとい機会がなく、ビジネスをしていません。

もちろん、私立学校であれば生徒から授業料をいただいて仕事をしているわけですので、お客様に対するサービスになります。

しかしながら、そんな意識を持っている人はほとんどいないでしょう。

『お客様に対してビジネスとしてサービスをもたらす』という経験がなく、いわるる世間知らずと見られているのです。

転職の時期が限られている

2つ目は、転職の時期が4月1日入社に限られてしまうことです。

教師という仕事は民間企業と違い、年度の途中で退職することが非常に難しい仕事です。

よって、どうしても転職時期が4月に限られるため、そのタイミングに流通している求人にしか応募できません。

このように転職時期が限られることは、通年でいつでも転職できる人に比べてやや不利といえるでしょう。

参考:教師が転職するのに適したタイミング・時期とは。おすすめの転職相談先まで徹底解説

転職市場の評価に対して年収が高い

次に、教師の年収が一般企業に対して比較的高いことも原因として考えられます。

教師の方は自覚がありませんが、教師は世の中的には高い給料をもらっている方です。

試しにリクナビNEXT等の転職サイトに登録して求人を見てみてください。

おそらく、応募できる求人は自分の年収よりも低いものがほとんどでしょう。

教師であるあなたに対する転職市場の評価は、そのように厳しいものです。

思ったよりも評価されずに年収提示が低いことが、教師の転職を難しくしているでしょう。

「これができます」と言いづらい

続いて、『これができる』という明確なスキルを表現しづらいことも原因です。

営業職を経験していれば、「このようなサービスをどういう法人に売るスキルがあります」などと表現できます。

プログラマーであれば、「このような開発言語で、このようなサービスを作れます」などと表現できます。

教師の仕事は明確な成果物がある仕事ではなく、数値で語るのが非常に難しいです。

そのため、転職市場で評価されづらい傾向にあるのです。

偉そうな印象をもたれやすい

最後に、気づいていない教員の方が非常に多い、『偉そうに見える』という原因です。

教師は自分よりも年下の生徒を相手にする仕事で、叱るケースも多いでしょう。

上から目線の話し方が習慣付き、気づかないうちに大人に対しても『偉そう』な印象をもたれることが非常に多いです。

転職面接において、教師の方への評価で非常に多いのが『話し方が偉そうで、顧客に与える印象懸念』というものです。

残念ながら、教師の方々はこれに気づけていません。

なぜならば、指摘してくれる『お客様』がいないからです。

あなたの話し方は大丈夫でしょうか?

本当に転職は難しい?「教師ならでは」の活かせるスキル

教師転職先

教師の転職が難しいとされる「一般論」について解説しましたが、果たして本当にそうでしょうか?

ここからは、実は教師が優れている転職で活かせる「教師ならでは」のスキルについて解説します。

マネジメント能力

教師は、民間の一般的なサラリーマンと比べて、マネジメント能力に優れていることが多いです。

多感で多様な子どもたちを教室の中でコントロールし、あるべき姿に導いていくのは簡単なことではありません。

自分では当たり前と思っているかもしれませんが、他者をマネジメントするというスキルは長けている可能性が高いです。

日々当たり前に起こるトラブルに臨機応変に対応し、集団をまとめている経験は、非常に貴重な経験です。

管理職になってよりよいチーム作りを求められるようなケースでは、重宝される能力でしょう。

わかりやすく伝える力

次に、物事をわかりやすく伝える力も強みであることが多いです。

小学生や中学生は特に、大人と話すレベルで会話をしていては伝わりません。

子どもたちに伝わるようなレベルで、会話をまとめる力が長けているのが教員です。

ビジネスにおいて、「小学生でもわかるレベルで話しなさい」というのはよく言われることです。

まさに「小学生にもわかるレベル」を日常から実践している学校の先生は、話をわかりやすく伝えるコミュニケーション能力が高い場合が多いです。

ただし、話が冗長になりがちなので、その点は注意が必要です。

相手にする年齢層が幅広い

3つ目の強みは、相手にする年齢層が幅広く、多様な世代と円滑にコミュニケーションがとれることです。

教師は、生徒とコミュニケーションをとることはもちろん、幅広い年齢の同僚や他校の先生、そして保護者への対応と幅広い年齢層と当たり前にやり取りします。

ゆえに、臨機応変なコミュニケーションができる方が多いことでしょう。

ビジネスにおいては、多くの関係者と円滑にコミュニケーションをとることが必要不可欠ですので、教師の強みが活かせるシーンがあるはずです。

教師が転職で失敗しないためのポイント

「教師ならでは」の強みを理解できたところで、教師が転職で失敗しないために押さえておくべきポイントを解説します。

教師の転職は難しいことは事実ですが、考え方や取り組み方次第でどうにでもなります。

大きく4つのポイントについて、ぜひ参考にしてください。

強みを明確に言語化して伝える

まず1つ目のポイントは、自身の強みを明確に言語化して伝えられることです。

「教師ならでは」のコミュニケーション能力やマネジメント能力でも、どんなことでも構いません。

『誰に、何を、どうできる』強みをもっているのか、あなたは明確に言えますか?

なりたい姿と転職理由を明確にする

次に、転職してどうなりたいのか、なぜ転職する必要があるのかを明確に伝えられるようにしておくことも重要です。

転職は、『なりたい姿に向かっていくために、今の会社でなく他の会社に行く必要があるから』するはずです。

なりたい姿がなく、『退職したい』という退職理由のみで転職活動に臨む方が多いですが、正直不十分です。

なりたい姿を設定し、なぜ教師ではなく他の仕事をする必要があるのかを語れるようにしておきましょう。

どうしても自己分析がうまくいかない場合は、ゲキサポ!転職のサービスを利用してみても良いでしょう。

参考:転職支援サービス「ゲキサポ!転職」とは。サービス内容と口コミ・評判まで解説。

転職エージェントを利用する

教師の転職を成功させる3つ目のポイントは、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアアドバイザーに無料で相談ができるサービスで、教員の転職相談におすすめです。

また、相談内容やあなたの適正を見極めて、マッチしそうな求人を紹介してくれます。

転職活動は厳しく、転職の素人であるあなただけでは大変なことも非常に多いです。

転職エージェントを利用することで、「専門家ならでは」の視点でアドバイスをもらえます。

ここでは、最低限押さえておくべき転職エージェントをご紹介しておきます。

参考:教師におすすめの転職エージェント8選!転職成功のための裏技まで徹底解説!

転職サイトも併用する

教員の転職の際には、転職サイトも併用することがおすすめです。

転職エージェントは、あなたが転職先に入社することで、転職先にから紹介料をもらうビジネスです。

よって、その紹介料に見合う人物でないと採用をしないため、直接応募するよりも若干ではありますが採用ハードルは上がります。

一方で、転職サイトを使って応募することによって、企業は紹介料を払う必要がなくなります。

裏技になりますが、転職エージェントから紹介されてどうしても行きたい企業については、転職サイトに登録して直接応募してみるのも手です。

代表的なリクナビNEXTのみで構わないので、登録して求人をみておくことをおすすめします。

リクナビNEXTに無料で登録

転職が難しいかは自分次第

教師の転職が難しいと言われる理由、失敗しないためのポイントについて解説しました。

教師の転職は、ビジネス経験がないこと等から難しいことは確かです。

しかしながら、教師には「教師ならでは」の強みもたくさんあります。

その強みをきちんと表現して次の組織で活かそうとするのか、教師の自分は転職なんて厳しいと考えるのか。

結局自分の考え方次第です。

自分の強みをきちんと理解して、転職を成功させられるように行動していきましょう。

-教師の転職, 転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.