転職

【徹底解説】転職面接で損をしないためのマナーとは。

投稿日:

転職面接では、話す内容はもちろんですが、マナーの良さも非常に重要な要素です。この記事では、転職面接においてマナーで損をしないように、場面毎のポイントを解説します。きちんと理解して、適切なマナーで面接に臨む準備ができるようにしていきましょう。

面接マナー

なぜマナーが大事なのか

中途採用は、新卒採用と違って社会人としての基礎ができている前提です。そこでマナーが悪いと、新卒同様に教育コストがかかると考えられてしまいますので、当然マナーは重要となります。

また、有名なメラビアンの法則という第一印象の法則によると、相手に与える第一印象の要因は、以下のようになっています。

  • 見た目などの視覚情報55%
  • 口調や話す速度などの聴覚情報38%
  • 話の内容などの言語情報7%

このことから、見た目や話し方の「マナー」が重要なのかがわかります。

損をしないための転職面接のマナー

転職面接では、スキルや経験を重視するのはもちろんですが、そもそもマナーがなっていない人は選考の土台にも乗れないと思っておいて良いでしょう。ここでは、転職面接で損をしないためのマナーを、場面毎に解説します。

転職面接における服装のマナー

転職面接時のマナーで最重要なのは服装です。服装は、第一印象の大部分を占め、人の印象を決める重要な要素です。

服装で損をしないように、最低限のマナーを確認しておきましょう。
より詳細を知りたい方は、転職面接時の服装の基本とは。男女別のポイントも解説。を御覧ください。

男性の服装マナー

男性の転職面接時の服装は、スーツで臨むのが基本的なマナーです。
スーツの際には、以下の内容は最低限守りましょう。

  • ネイビーorグレーの無地もしくは薄いストタイプのスーツ
  • シャツは無地で、白が基本(もしくは薄いブルー)
  • ネクタイは派手なものを避け、レジュメンタルか無地のものを選ぶ
  • スーツのサイズは身体にあったものを選び、ゆるすぎたりタイトすぎたりしない
  • 鞄は地面に置いた時に立つビジネスバックを使う
  • 時計以外のアクセサリーはつけない
  • 髪型を整えて髭を剃り、清潔感がある雰囲気にする
  • 香水や不潔な匂いがしないようにする

至極当たり前の項目ではありますが、共通して言えることは、とにかく目立たないようにすることです。ただし、細部まで気を遣っている印象をもたれるように、清潔感がある服装で臨みましょう。

女性の服装マナー

続いて、女性の服装マナーです。女性も男性同様に、スーツで臨むのが基本です。
以下の内容は最低限守りましょう。

  • スーツではなくても、最低限ジャケットは着用する
  • インナーはシャツ・ブラウス・カットソーで、白や淡い色のものを選ぶ
  • パンツスーツでもスカートでも可能で、ネイビーorグレーのものを選ぶ
  • アクセサリーはシンプルにし、ピアスは揺れないものを選ぶ
  • ネイルはシンプルに目立たないようにする
  • 香水は避ける
  • 靴は黒系のパンプスで、ヒールが高すぎないものを選ぶ

男性同様、無駄に目立たないようにすることが重要です。

受付までのマナー

続いて、会社に到着して受付をするまでのマナーを解説します。転職面接においては、受付のマナーも重要です。面接ではないから関係ないと思っていると、思わぬ落とし穴がありますので、きちんと確認しておきましょう。
より詳細を確認したい方は、転職面接時の受付のポイントは?受付時間と電話の仕方を含めて詳しく解説。を御覧ください。

企業と受付への到着時間

企業には、面接開始の20分〜30分程前に到着して、付近で余裕をもって待っているくらいで考えておきましょう。
そのうえで、受付には面接開始の5〜7分前に声をかけるようにします。

受付は、早すぎると担当者を急かすことになりマナー違反ですし、ギリギリでもバタバタすることになるためマナー違反です。適度に余裕をもって受付を通過すべきです。

受付の仕方

受付は、大きく3つのパターンがあります。

  1. ビルの1階に総合受付がある場合
  2. 各フロアに内線電話が置いてある場合
  3. 電話がなくドアだけの場合

1と2については、直接お声掛けするか電話でお声掛けするかの違いで、「氏名と、面接に来た旨、約束している方のお名前」を伝えることがマナーです。

「お世話になります。中途採用面接に参りました、◯◯と申します。本日◯時より、△△様にお時間を頂戴しております。本日はよろしくお願い致します。」
とご挨拶しましょう。

電話がない場合も、伝えることは同様です。付近にいる社員さんに声をかけるか、ドアをノックして中の社員さんに声をかけましょう。

控室から入室までのマナー

転職の面接では、入室までのマナーで損をする方もいます。無意識に失礼な行動をすることがないように、確認していきましょう。

控室での待ち方

入室する前に、控室や受付付近で待つ場合があります。「お掛けになってお待ち下さい。」と言われれば、座って待っていて構いません。

ここで注意すべきは、足を組んで待っていたり、スマホをいじりながら待っていたりしないことです。
何もすることなく、姿勢を正して座って待つのがマナーです。

入室の仕方

入室の仕方は、転職面接時に悩みやすいポイントです。

まず、先に面接官が部屋にいる場合は、ノックをして入室するのが転職面接におけるマナーです。ノックの回数は、細かく見れば考え方は様々ありますが、2回ないし3回ノックをするのがマナーです。
ドアを閉める際は、ドアの方を振り返り、両手で閉めるようにしましょう。

逆に、先に自分が入室している場合は、座っていても立っていても構いませんが、座って待っている場合は、面接官が入室してきたら立ち上がって挨拶をするのがマナーです。

鞄は、椅子の横もしくは下に置いておきましょう。

面接中のマナー

ここからは、最も気になる面接中のマナーを解説します。当然、選考において最も重要なマナーですので、失礼のないようきつんと身につけておきましょう。

名刺は渡すのか

転職面接時のマナーとして、名刺を渡すのかを気にする方が多いですが、結論名刺は渡しません。

転職面接は、現職の企業の社員として受けているのではなく、個人として受けているわけですので、名刺を渡す必要はありません。
しかし、求められた場合は、指示に従いましょう。

姿勢・話し方のマナー

座っている際には、男性は極端に足を開いたり伸ばしたりせず、背筋を伸ばして拳を太ももの上に置いて座りましょう。
女性は、膝をそろえ、手をそろえて太もも付近に置きましょう。

面接中は、特に話し方のマナーが重要です。
「◯◯なんすよ。」のように、親しい間柄のような話し方をしたり、「◯◯していてぇ〜」のように軽い印象の話し方をするのはマナー違反です。
正しい言葉遣いで、相手への敬意が伝わる話し方を心がけましょう。

また、携帯電話の電源は必ず切っておきましょう。

退室から退社までのマナー

面接が終わっても、油断するのはまだ早いです。退室から退社までも、きちんとマナーを守った行動をしないと評価を落としかねません。

退室の仕方

面接が終わって退室する際には、椅子の横に立ち上がり、一礼してドアに向かいます。
ドアの前で再度一礼とお礼を言い、「失礼します。」と伝えてドアを振り返ってドアの開閉を行って退出しましょう。

退社の仕方

担当の方が、エレベーターや会社の出口まで送ってくれた場合は、そのまま担当の方にお礼を言って退社しましょう。
1階の総合受付を通る場合は、再度挨拶をして退社すると好印象です。

転職面接の流れと質問例は?

転職面接の流れは、以下のように行われます。

  1. 自己紹介(職務経歴の説明)
  2. 現職での仕事内容についての質問
  3. 現職での1番の成果についての質問
  4. 転職理由の質問
  5. 志望理由の質問
  6. 逆質問

大まかにはこのような流れです。企業によって、この中で聞かれないことがあったり順序が違ったりします。
より詳細を確認したい方は、転職時の中途採用面接の流れとは。自己紹介の仕方を含めて徹底解説。転職面接官経験者が教える「逆質問は何を聞く?」適切な質問例まで徹底解説。を御覧ください。

転職面接における質問は、以下のような質問が多いです。

「職務経歴を含めて自己紹介をお願いします。」
「現職で最も成果を出した経験を教えてください。」
「その成果を出すためのポイントを教えてください。」
「その成果を出すにあたって大変だったことと乗り越え方を教えてください。」
「なぜ転職するのですか?」
「3年後はどうなりたいですか?」
「なぜ弊社を志望したのですか?」

マナーで損をすることがないよう細部まで気を配りましょう

転職面接では、自分が良いと思っていても、面接官がNGと判断すればNGです。
不快な印象を与えないよう、最低限のマナーを守ることが重要です。突然意識してもボロが出るものですので、日頃から十分に意識して過ごすことが重要です。

転職面接における各場面でのマナーのポイントを理解し、失礼がないように面接に臨むようにしましょう。

-転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.