転職 転職面接

面接で落ちた理由を聞くのは失礼?お見送り後にするべき面接対策まで徹底解説!

更新日:

「面接の不採用連絡が来たけど、落ちた理由を聞くのは失礼?」

このような不安をおもちではないでしょうか。

この記事では、面接のお見送り理由を聞くのは失礼なのか、聞く場合にどのようなことに注意して聞けば良いのかを解説します。

面接で対策すべきポイントまで解説しますので、きちんと理解して面接通過のための参考にしてください。

面接落ちた理由聞く

面接で落ちた理由を聞くのは問題ない

結論からお伝えすると、転職面接においても、新卒の面接においても、またバイトの面接においても、落ちた理由を聞くのは問題ありません。

特にマナー違反ではないので、本当に聞きたければ聞いて構いません。

新卒に比べて転職面接時には、不採用理由をきちんと伝えてくれる企業は多いです。

ただし、当たり前に不採用理由を教えてくれるわけではなく、企業によっては絶対に教えてくれない場合もあります。

面接に落ちた理由を聞くにしても、聞き方に注意をする必要がありますので、聞く方法をみていきましょう。

面接で落ちた理由を聞く方法

面接で不採用になった理由を聞く際に適切な方法について、「企業に直接聞く場合」と「転職エージェントに聞く場合」の2つに分けて解説します。

企業に直接聞く場合

まず、企業に直接確認する場合です。

この場合は、電話ではなくメールで問い合わせましょう。

一度お見送りになっているなか、わざわざ電話で相手の時間を奪うのはあまり印象がよくありませんし、電話だと答えづらいこともあるでしょう。

以下は、メールで確認する際の例文です。

〈件名〉
【採用結果に関するお問い合わせ】(氏名)

株式会社◯◯ 
人事部 ◯◯様(名前がわからなければ、採用担当者様)

お世話になっております、◯月◯日◯時より面接をさせていただきました、(氏名)です。

この度は、選考結果のご連絡をいただきまして、ありがとうございました。
選考結果に関しまして、差し支えなければ不採用理由を教えていただけますでしょうか?

私自身の反省、今後の転職(就職)活動の参考にさせていただきたいと考えまして、ご連絡を差し上げました。

お忙しいところ大変恐縮ではございますが、お返事をいただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

企業にしてみると、不採用理由を開示する義務はありませんので、教えてくれない前提で確認することをおすすめします。

転職エージェントに聞く場合

続いて、転職エージェントを使って転職活動をしている方が、転職エージェントに聞く場合です。

この場合は、何も遠慮することはなく、電話で聞いてもメールで聞いても問題ありません。

ただし、失礼な態度で上から聞くのではなく、あくまでもお世話になっている感謝の気持ちをもって確認するようにしましょう。

以下は、メールで確認する際の例文です。

〈件名〉
【採用結果に関するお問い合わせ】(氏名)

◯◯エージェント
◯◯様

いつもお世話になっております、(氏名)です。

日頃転職サポートをいただきまして、ありがとうございます。

この度は、◯◯社の選考結果のご連絡をいただきまして、ありがとうございました。
選考結果に関しまして、不採用理由を教えていただけますでしょうか?

今後の転職活動の参考にさせていただきたいと思っております。
お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご確認いただけますでしょうか。

今後とも引き続き、よろしくお願い致します。

ちなみに、そもそも転職エージェントというのは、当たり前にお見送り理由を確認し、それをもとに求職者に次の面接へのアドバイスをするものです。

そういった丁寧なサポートをするから介在する価値があるわけです。

あなたから依頼しないとお見送り理由を教えてくれない場合は、別のエージェントを使うことを視野に入れても良いでしょう。

別のエージェントについては、以下の記事を参考にしてください。

参考:転職エージェントの一覧を目的や業界別に紹介!本当におすすめを厳選!

不採用の理由を聞くと同時に対策をすべき

面接での不採用理由は、確認するだけでなく次回に向けて対策をしないと意味がありません。

ここでは、よくあるお見送り理由と、やっておくべき面接対策について解説します。

面接で落ちるのによくある理由

新卒・転職を問わず、面接で不採用の場合によくある理由を確認しましょう。

不採用理由のランキング上位にある理由は、以下です。

  • 印象が悪い
  • 顔つき、服装、話し方、態度など、様々な要素が関係します。社風や仕事に合わないと判断されます。

  • コミュニケーション能力が低い
  • 質問と回答がズレたり、言いたいことがわからない、質問の意図を理解できていないなどがあります。

  • 論理的思考能力が低い
  • 原因と結果の関係が破綻している、深堀りすると論理破綻しているなどがあります。

  • スキル・経験が弱い
  • 中途採用では特に、今までの仕事のレベルが、求めるレベルに達していないことは大きな要因です。

しておくべき面接対策

お見送り理由を確認した後には、最低限以下のような面接対策をしておきましょう。

  • なぜ転職するのかを他責ではなく自分起点で深掘りして言語化する
  • 転職理由をもとに、何故その企業を受けるのかを矛盾がないように言語化する
  • 3年後を中心に、将来どんなキャリアを歩んでいきたいか言語化する
  • 面接練習(特に伝え方)をして、できれば他者に見てもらう
  • 服装など身だしなみを整えておく
  • 今までの仕事を棚卸しし、強みと弱みを言語化しておく

正直、コミュニケーション能力は劇的に改善されるものではありませんが、事前準備を丁寧にすることで、より良い回答ができるでしょう。

面接対策等のサポートが手厚い転職エージェント

面接に苦手意識がある方であれば、サポートが手厚いエージェントに切り替えることも1つの手です。

エージェントは複数登録が基本ですので、もし不安がある方は以下の2社を検討してみてください。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、就活の「マイナビ」でおなじみの株式会社おなじみの運営する転職エージェントです。

業界や職種を網羅していて、20代を中心とした若手への手厚い支援が得意なことが大きな特徴です。

採用する企業の人事等と強いパイプをもっていて、企業担当もキャリアアドバイザーも企業の中身まで詳しく理解していて転職斡旋の力が強いため、信頼できる転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料転職相談

充実のサポート体制なら「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナキャリアが運営している転職エージェントで、第二新卒や20代、30代と幅広い求職者に対応しています。

転職サポートが手厚いことが大きな特徴で、初めての転職の方で書類や面接の対策まで丁寧にサポートしてほしい方におすすめです。

2019年・2020年と2年連続で、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門において総合第1位を獲得するほどのサービスを展開しているので安心です。

リクルートエージェントやdodaと同様に、どんな業界・職種にも対応していますが、IT・通信・インターネット業界、メーカー(機械・電気・電子)や、営業・事務職を特に得意としています。

パソナキャリアに無料転職相談

不採用理由を次の面接に活かしましょう

面接で不採用になった場合に、企業にお見送り理由を確認して良いのかを解説しました。

結論、確認することは悪いことではありませんが、聞き方に注意することがポイントです。

また、理由を確認して一喜一憂するだけではなく、きちんと次の面接への対策に活かさないと意味がありません。

お見送り理由から自分の弱みを把握し、より良い転職活動につなげていきましょう。

-転職, 転職面接

Copyright© EPIC LIFE , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.