教師の転職 転職

教師の転職先でおすすめはどこ??転職先を選ぶ前に知らないと後悔するポイントまで

更新日:

『教師をしている自分に合った転職先はどんなところ?』
『教員の転職先として、どのような選択肢があるの?』

教師から転職をしようとしているあなたは、このような不安をおもちではないでしょうか。

この記事では、教師のあなたにおすすめの転職先、転職に必須の転職エージェントはどこを選べば良いのか、転職時の注意点まで詳しく解説します。

理想の転職先が見つけられるように、ぜひ参考にしてください。

教師転職先

教師からの転職先を選ぶ前に理解すべきこと

教師からどのような企業・職種に転職するのかを選ぶ前に、まずは転職時に押さえておくべき考え方を解説します。

中途半端に転職活動をして後悔しないために、きちんと理解しておきましょう。

転職は「スキル」を評価される

まず、大前提として、転職活動は「スキル・経験」を評価されます。

今まで生徒を評価する立場だった教員にとって、大きなギャップでしょう。

民間企業の採用担当からすると、教師経験のみの転職希望者は「スキルが甘い」とうつります。

ビジネス経験がないと評価されるため、民間企業で活きる「スキル」を表現することはなかなか難しいものの、「自分の強みは何か」ということを明確に表現できる準備が必要です。

新卒採用のように、どんな企業にもチャレンジできるほど甘くはないことは認識しておきましょう。

思っているより「教師への世間の目」は厳しい

次に、おそらくあなたの想像以上に、教師経験者への世間(一般企業)の目が厳しいことは認識しておくべきです。

これは、教員のレベルどうのこうのという話ではなく、教師として培ったスキルが企業では通用しないと判断する場合が多いということです。

実際、教師は素晴らしい仕事ですし、ならではのスキルもあることでしょう。

一般企業のビジネスパーソンよりも、いわゆる高いコミュニケーション能力の人もいるでしょう。

しかしながら、ビジネスの場では厳しいと判断されがちなため、厳しい転職活動になる覚悟は必要です。

自分ができると思っていても、評価するのは転職市場です。

教師におすすめ・よくある転職先

教師経験者が、全ての業界や業種に転職するのは正直難しいですが、可能な業界や業種でおすすめの転職先は複数あります。

ここでは、教師の方におすすめの転職先、教師の方がよく転職する転職先についてご紹介します。

教育系以外の職種

転職先探し方

教師の転職先は、大きく以下の2つがあります。

  • 教育系以外の職種
  • 教育系の職種

まずは、教育系以外の職種でよくある転職先をご紹介します。

各種営業職

最も活躍可能性があり、かつおすすめなのは営業職です。

教師という仕事における最も大きな強みは、目の前の相手にどう伝えるか、相手をどう動かしていくかという「コミュニケーション能力」でしょう。

その能力を最も活かしやすいのは、営業職です。

営業職を経験することで、いわゆるビジネス界を幅広く経験できますし、ビジネスマナーを身につけながら成長できます。

また、営業経験があることにより営業を経験したあとのキャリアが広がりやすいので、圧倒的におすすめの仕事です。

営業職は、大きく4つあります。

  1. 無形商材(サービス)の法人向け営業
  2. 有形商材(商品)の法人向け営業
  3. 無形商材(サービス)の個人向け営業
  4. 有形商材(商品)の個人向け営業

この中で選ぶことができるのであれば、上から順番に選ぶことをおすすめします。

無形の法人営業を経験できている場合が、次の転職の際に最も転職先を選びやすい状態になれます。

転職エージェント

2つ目におすすめなのは、転職エージェントの仕事です。

転職エージェントは、転職をしようとしている求職者とキャリアアドバイザーが面談をして、営業が獲得してきた求人を紹介して入社が決めにいくビジネスです。

参考:転職エージェントのビジネスモデルと料金相場とは。利益の仕組みを徹底解説。

求人を獲得してクライアント企業対応をする営業職と、求職者と面談してキャリアアドバイスなどの求職者対応をするキャリアアドバイザー職の大きく2つの仕事があります。

転職エージェントによっては、未経験でもコミュニケーション能力があれば採用してくれますし、生徒の相談を聞いて最適な方向に導いてきた教員としての仕事を活かしやすい分野です。

教師の仕事をしてきた中で、キャリアへのアドバイスに興味をもったような方には、親和性がある仕事です。

販売・接客職

教師からの転職で多い仕事の3つ目は、販売・接客の仕事です。

こちらも営業と同様に、コミュニケーションスキルを活かせる職種です。

何か特別に好きな商品やサービスをおすすめする仕事ができるのであれば、やりがいを感じる人もいるでしょう。

ただし、接客販売職は、転職市場ではなかなか評価されづらく、営業よりも次の転職がしづらいことは理解しておきましょう。

事務系職種

最後に、事務系職種です。

営業事務、経理事務、人事事務など、世の中には多くの事務系職種があります。

教師という仕事は、世の中のイメージよりも事務仕事が多く、細かい仕事を求められることが多いです。

その経験は、企業においても事務職で評価されやすく、かつコミュニケーション能力もあれば即戦力として迎え入れてくれることがあります。

経理事務や人事事務など、いわゆる企業のバックオフィスの仕事については、自分の努力次第で社内でのステップアップも見えてくるでしょう。

教育系職種

続いて、今の教師の仕事と同じく教育系職種をご紹介します。

別の学校に異動して教師

まず考えるべきは、別の学校に異動して教員をすることです。

これは、転職理由にもよりますが、今いる学校独自のなやみによって転職を考えているのであれば、考えるべき手段でしょう。

教師として採用されるのは簡単なことではないので、「簡単に教員を辞めるなんてもったいない」と考えられる状態なのであれば、他の学校での勤務を考えてみましょう。

塾講師・家庭教師

次に、勉強を教えるという観点で同様な塾講師や家庭教師です。

教師の仕事において身についているであろうスキルは、なんといっても「勉強を教えるスキル」でしょう。

そのスキルを最も活かせるのが塾講師や家庭教師で、受験指導等の「結果」にこだわりたいという想いで転職を考えている方にはおすすめです。

英語教師の転職では、塾で英語を教える仕事を選んだり、高校で進路指導を主に担当していた教員の転職先では、大学受験の塾を選んだりすることが考えられます。

教科書出版社の編集

最後に、教科書などの教材の企画・編集のお仕事です。

教師の仕事をしていれば、「どんな教材であれば使いやすいか」、「こんな教材があれば良いな」と、プロの視点で日々考えていたことでしょう。

教える立場に立ったことがある当事者の目線で、教科書や教材の編集に携わることもできます。

教師の転職には転職エージェントの利用がおすすめ

ここまで紹介してきた職種をはじめとして、民間企業に転職をする場合には、転職エージェントを利用することがおすすめです。

教師一筋でビジネス経験がない方は、自分自身が認識できていない弱みやビジネスマナーの欠如などを抱えている可能性が高いです。

また、世の中の各業界がどのような構造になっていて、どのような仕事があるのかも詳しくない方が多いでしょう。

転職エージェントを使うことで、どのようなメリットがあり、どのエージェントを選ぶべきなのかをみていきましょう。

転職エージェントが何なのかがよくわからない方は、まずはこちらの記事を御覧ください。
転職エージェントとは。転職初心者にもわかるレベルで徹底解説。面談の費用は?

転職エージェントを使うメリット

教師が転職エージェントを使うことのメリットには、大きく以下のようなことがあります。

  • 転職に必要な基礎知識や流れを教えてくれる
  • あなたに合う業界や職種を教えてくれる
  • 不安な書類作成や面接対策をしてくれる
  • 求人票をみてもわからない具体的な仕事内容を教えてくれる
  • 企業とのやり取りを全て代行してくれる
  • 入社日や年収の交渉をしてくれる

ビジネス経験がない教員にとっては、非常にありがたいサービスです。

教師に特におすすめの転職エージェント

教員が転職する場合に利用するのがおすすめの転職エージェントをご紹介します。

自分に合いそうな転職エージェントを複数選び、まずは無料で転職相談をしてみましょう。

実績と求人数No.1の「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、実績と求人数が業界No1の転職エージェントです。

教師のようにビジネス経験がない方でも受けられる求人を数多く揃えており、職務経歴にかかわらず安心して利用できることが特徴です。

また、中には教師経験がある社員も在籍しているなど、圧倒的なサポート力が魅力です。

経験豊富で各業界を知り尽くすベテランのキャリアアドバイザーが多く在籍し、プロならではのアドバイスをもらえます。

全国の求人を揃えていて、どの拠点で相談をしても全国どこの求人にも応募可能です。

「まず登録」する方が最も多いエージェントで、まずは無料相談をしてみることをおすすめします。

リクルートエージェントに無料転職相談

業界No.2の「doda」

doda

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界No.2の実績と求人数を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントと特徴はほとんど変わらず、未経験者向けの求人を数多く揃えているので安心して利用できます。

特徴は同じですが、リクルートエージェントが保有していない求人を保有していることがあるため、リクルートと併用することが基本です。

比較的対応が丁寧なキャリアアドバイザーが多く在籍するため、教師のような一般企業未経験者には嬉しいエージェントです。

担当のキャリアアドバイザーとの相性によって、転職が成功するかは大きく左右されますので、リクルートエージェントと双方登録してみて自分に合うエージェントを選ぶことをおすすめします。

dodaに無料転職相談

20代の満足度が高い「マイナビエージェント」

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒採用で有名な「マイナビ」や転職サイトの「マイナビ転職」を運営する株式会社マイナビによる転職エージェントです。

20代を中心とした若手への手厚いサポートが特徴で、20代の転職支援に強みをもっています。

採用する企業の人事等と強いパイプをもち、企業の情報を豊富にもっていて、転職斡旋の力が強いエージェントです。

教師から民間に転職する20代で、色々と不安が多い方には、丁寧にアドバイスをしてくれるでしょう。

マイナビエージェントに無料転職相談

手厚く充実のサポート体制の「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは、第二新卒・20代・30代と幅広い求職者に対応していて、転職サポートが手厚いことが評判の転職エージェントです。

教師経験のみで民間企業に初めて転職する場合は、職務経歴書等の作成や面接等、不安なことが多いものです。

パソナキャリアは、書類や面接の対策まで手厚くサポートしてくれるので、初めての転職で不安が大きい方でも安心です。

どんな業界・職種でも対応可能なエージェントで、未経験対応求人も数多く揃えています。

パソナキャリアに無料転職相談

教師から転職して失敗しないために重要なこと

転職エージェントにお任せすれば全てOKかというと、そうではありません。

ここでは、教師から転職して失敗•後悔をしないために重要なポイントについて解説します。

なぜ転職をするのかを明確にする

まず、教師に限らず転職する際に最も重要なのは、なぜ転職するのかを明確にすることです。

つまり、転職してどうなりたいのか、転職して何をしたいのかを明確にすることです。

転職理由と退職理由を混同し、現職を辞める理由しかない方が多いですが、これではダメです。

教師を辞めてまで自分はどこを目指しているのか、何がしたいのかをきちんと言えますか?

『労働環境がつらく、新しいことにチャレンジしたい』だけでは甘いですよ?

転職して具体的にどうなりたいのかにフォーカスして深堀りしておきましょう。

教師在職中に転職活動をする

2つ目のポイントは、教師である期間に転職活動をすることです。

よくあるパターンは、3月の退職を待って転職活動を始めるパターンですが、結論これはおすすめしません。

あなたが思っているほど、離職期間(ブランク期間)は厳しい評価をされ、後々痛手となります。

また、なかなか転職先が決まらず離職期間が長くなると、早く職に就きたいが故に冷静な判断ができなくなり、安易な転職をしかねません。

忙しいことはわかりますが、夜の面接を組んでもらうなどして、極力在職中に転職活動を進めましょう。

参考:
転職面接は20時開始でもOK?平日の面接に行けない場合の対処法まで解説!
転職面接の時間帯は何時頃が良い?日程調整の仕方と時間のつくり方まで解説。

厳しい現実への覚悟をもつ

最後に、精神論ではありますが、教師のあなたに対する世間の厳しい目、なかなか通らない書類選考や面接への覚悟をもつことが重要です。

また、民間企業への転職が決まって働き始めてからも、自分の年齢に対してできることのギャップを感じ、厳しい評価をされることもあるでしょう。

それでも転職して成し遂げたいことは何なのか、転職してどんな自分になりたいのか、強く気持ちをもって転職活動に臨みましょう。

教師の転職先選びのポイントは「できることを増やす」こと

教師の転職先として考えられる選択肢、転職をする際のポイント、おすすめの転職エージェントまで解説しました。

教師の転職は、正直思うようにはいかないことが多いです。

そんな中でも転職して何をなしとげたいのか、強い意思をもって臨むことが重要です。

また、教師が転職先を選ぶ際には、まず「できること」を増やすことを目標にすべきです。

民間企業での経験を着実に積んで、スキルを得られる転職をしてください。

-教師の転職, 転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.