年収 転職

40代の転職で年収は下がる?40代のスキルなし転職は危険です

更新日:

『転職を40代ですると、年収は下がるのだろうか』
『40代の自分は、そもそも転職できるのだろうか』

こうした不安をおもちの40代の方は多いのではないでしょうか。

この記事では、40代で転職して年収は下がらないのか、40代の転職で失敗しないための考え方まで解説します。

安易に転職して後悔することがないように、きちんと理解していきましょう。

40代転職年収下がる

40代の転職の現実

まず、40代の転職の現実について解説します。

40代の転職市場はどのようになっていて、年収への影響はどうなっているのでしょうか。

「40代の転職=年収が下がる」は嘘

『転職を40代ですると年収が下がる』と、定説のように考えている方もいらっしゃいますが、これは間違っています。

40代の転職と年収との関係について、重要なポイントをみていきましょう。

重要なのは経験値

言わずもがなではありますが、大前提として、40代の転職における年収決定に重要なのは経験値です。

自分のスキルや知識を活かせる企業に転職し、即戦力として判断されれば、現年収を超えるオファーをもらうことは可能です。

20代・30代よりも更に経験値を問われるのが、40代の転職の実態です。

誰でも年収が上がるわけではない

もうお気づきのように、40代で転職すれば誰でも年収が上がるわけではありません。

転職した人のデータ(厚生労働省:平成27年転職者実態調査の概況)を見ると、40代で転職をすれば年収が上がりやすいように見えるかもしれません。

しかしながら、実際には、転職活動をしていく中で年収が下がる現実を見て、結局転職をしない人が一定数存在します。

つまり、転職を考えて行動したものの、自分に対する評価が厳しく、年収を下げることを許容できずに転職を断念する人たちです。

40代のスキルなし転職がいかに厳しいのかは、想像に難くないでしょう。

40代の転職が厳しいのは事実

『40代の転職は厳しい』というのは事実です。

企業としては、当然『なるべく若くて優秀な人材を安く採用したい』というのが本音です。

40代を採用するからには、当然即戦力で、高い年収を払ってでも欲しい人材を採用したいと考えています。

そうなると、プレイヤークラスの求人や未経験可のような求人は少なくなります。

実際に、40代向けの求人というのは、20代や30代に比べて少なく、競争率は厳しいと言えるでしょう。

若干の希望の光

40代の転職は厳しいと解説していますが、実は希望の光も見えてきています。

それは、「失われた10年」という考え方です。

失われた10年とは、日本においてはバブル経済が崩壊した1990年代初頭からの10年間を指すことが多く、この時期に「新卒」であった現在の40代の人達は、就職氷河期に就職活動をしていた世代です。

当然、企業は採用を厳しくし、2000年卒の求人倍率は1倍を下回っていました。

その結果、現代の企業は40代の社員が圧倒的に少ない傾向が多く、企業内の年代バランスを整えるために中途採用を強化する動きが見られます。

この点では、転職が難しい40代にも希望の光となるでしょう。

40代の転職で年収を上げるためのポイント

それでは、40代の転職で年収をあげる場合にどのようなポイントがあるのでしょうか。

具体的に解説します。

マネジメント経験を活かす

40代の転職で大きなポイントになるのが、マネジメント経験があるかどうかです。

マネジメント経験は、30代でも求められますが、40代では必須レベルで求められることが多いです。

マネジメント経験があることで、その経験を他社で活かして活躍可能性が広がります。

採用する側からすると、他社で培ったマネジメント経験を、自社の若手育成に活かしてほしいと考えています。

マネジメントに課題がある企業ほど、あなたの経験を評価して、高い年収でのオファーになりやすいでしょう。

経験職種・業界を活かす

40代転職で年収を上げる2つ目のポイントは、今まで経験してきた職種や業界で転職することです。

20代、30代と同様に、同職種や同業界に転職した方が即戦力として評価されやすいため、当然年収は上がりやすいです。

40代で未経験職種に転職するということは、経営幹部として入社する場合を除いて、年収が上がることはまずありません。

自己分析に基づく転職理由がある

3つ目のポイントは、本気の自己分析に基づいた転職であるということです。

『なんとなく勤務条件を改善したい』
『なんとなく好きな業界に転職したい』

というような浅い理由では、40代の転職は難しいです。

『今までの経験を活かして、こんなことを実現したい』
『自分の能力で、社会にこんなことをもたらしたい』

というような、前のめりでポジティブな理由が望ましいです。

深い自己分析を通じて自分を見つめ、強みや弱みを理解したうえで、それをどうやって社会に活かしていくかまで考えた転職であるべきでしょう。

転職エージェントを利用する

最後に、40代の転職では、転職エージェントを利用することが重要です。

ここでは、40代に特におすすめの転職エージェントをご紹介しますので、複数社にまずは相談してみましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、実績と求人数が業界No1の転職エージェントで、20代から50代・60代まで、年齢を問わず幅広い求人を揃えています。

リクルートエージェントでは、40代や50代のベテランキャリアアドバイザーが多く在籍し、あなたと同世代で信頼できるキャリアアドバイザーからアドバイスしてもらいやすいです。

どういったアドバイザーが担当になるかはわかりませんが、もし合わないと感じる場合は担当変更を依頼して、自分に合うアドバイザーにしてもらうこともできます。

経験豊富で、各業界を知り尽くすベテランのキャリアアドバイザーが多く在籍しているため、プロならではの視点でアドバイスをもらえることが特徴です。

厳しいと言われる40代の転職においても、業界No1の実績ならではの豊富な知見を駆使して、あなたの転職をきちんとサポートしてくれるエージェントです。

リクルートエージェントに無料転職相談

doda

doda

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ業界No2の転職エージェントです。

リクルートエージェントと特徴はほとんど変わりませんが、各年代についてリクルートエージェントが保有していない非公開求人を多数保有しています。

そのため、リクルートエージェントとdodaを併用して使う求職者が多いことが特徴です。

年代を問わず求人を保有しているエージェントですので、リクルートエージェントと双方登録してみて、自分に合う方を選ぶことをおすすめします。

dodaに無料転職相談

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、CMでもおなじみの、ハイクラス向けの転職支援サービスです。

ビズリーチ自体は厳密に言うと転職エージェントではなく、ビズリーチというデータベースに無料登録することによって、転職エージェントやヘッドハンターからスカウトを受けられる仕組みです。

それだけではなく、採用をしている企業から直接オファーを受けることもできます。

管理職や経営幹部の求人などを中心に、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めていて、ハイクラス案件についてのスカウトを受けられるのが大きな特徴です。

まずは無料で登録してみて、使えそうだと判断した場合に有料会員登録に切り替えることがおすすめです。

ビズリーチに無料会員登録

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバー(CAREERCARVER)は、リクルートエージェントと同じリクルート社が運営している、ハイキャリア層に特化したヘッドハンティングサービスです。

ビズリーチと同様に、転職エージェントではなく、登録することでスカウトを受けられます。

求人数やヘッドハンターの数では、ビズリーチには届かないものの、リクルートならではの優良案件が豊富なことが特徴です。

また、ヘッドハンティング型のサービスでありながらも、自らヘッドハンターを選べることが大きな特徴です。

無料登録することで、どんなヘッドハンターがいて、どんな求人があるのか確認できますので、まずは見てみるだけでも良いでしょう。

年収800万円以上の求人多数

40代の転職で後悔する人の特徴

40代の転職で後悔することがないように、後悔する人の事例・パターンを理解しておきましょう。

ここでは、40代で転職して後悔する人の特徴を大きく3つご紹介します。

短期的な視点で転職する

40代の転職で失敗してしまう人は、短期的な視点で転職してしまっていることが多いです。

『「今」年収を上げたい』
『「今」休みを増やしたい』

などのように、短期的なメリットで転職をしてしまう場合は、まず間違いなく年収は下がりますし、そもそも合っていない仕事を選んでしまいがちです。

何度もしつこいですが、40代の転職理由は、「経験を活かしてもっとこうしたい」が基本です。

今までの経験次第で、そもそも選択肢が狭くなっていることを十分意識して、本当に求めることは何か、どうなりたいのかを明確にして転職することが重要です。

興味だけで未経験職種に飛びこむ

次に、興味・関心だけで未経験職種に飛び込んでしまう方は失敗しやすいです。

40代からキャリアチェンジをすつというのは、正直それ相応の覚悟と根本的なスキルが必要です。

人は、40代から本質的には変わりづらいと言われており、新たなチャレンジをするストレスは大きいものです。

そこで、安易に興味だけで未経験分野に飛び込んでしまうと、転職軸が弱く覚悟がいまいち出来ていないため、40代で転職してもキャリアダウンとなってしまいやすいです。

自分が何を目指していて、今何ができて、これからどうなっていきたいのをとにかく深堀りして考えることが必要です。

自分のスキルを活かしつつ、自分の人生の目的に向かっていると本気で思えてはじめて、転職をすることをおすすめします。

自分の市場価値を理解していない

最後に、自分の市場価値を理解せずに勢いで転職してしまう方も失敗しやすいです。

転職時の年収というのは、自分の今までの経験と、入社する会社・業界の生産性で決まります。

自分のやってきたことからもたらされているスキル=転職市場価値を、過大評価してしまっている方が多いように思います。

自分自身のスキルの価値を見誤ると、能力以上の会社に飛び込んでつらくなったり、能力以下の会社に飛び込んで年収が下がってしまったり、良いことはありません。

スキルの棚卸しを丁寧に行い、適切な会社選びをしていくことが重要です。

市場価値を知るためには、転職エージェントに相談したり、ミイダスのような市場価値診断ツールで調べたりしてみましょう。

参考記事:あなたの転職市場価値を診断できる!話題のミイダスで想定オファー年収がわかる!

40代の転職は慎重に

40代の転職で年収が下がるのかについて解説しました。

40代の転職というのは、20代や30代に比べて、圧倒的に経験やスキルを求められます。

今までの積み上げがあれば年収を上げる転職が可能ですが、スキルなし転職になってしまうと相当厳しくなります。

年収を下げないためには、自分のスキルが活かせる転職をすることをポイントにすることが重要です。

安易な転職は避け、より良い転職になるようにきちんと自己分析を深めていきましょう。

-年収, 転職

Copyright© EPIC LIFE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.